FC2ブログ

うちに「まもかあ」がいるんですけど? 

 強面で喧嘩腰だけど、お化けが怖くて涙もろい父。身体は小さいが心は逞しく、常にいきすぎた断舎利を貫く母。身の回りのことは何一つできない二匹の銭亀。そして元同人女の私。そんな家族の騒々しい日常+α。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 布教

十二国記 待望の新刊が! 

2013/06/21 Fri.

 『十二国記』私が3●年の人生の中でこんなに繰り返し呼んだ小説はありません。

 そして、こんなに待たされる作品もないでしょう…(涙)。 

 やっと新刊が出ますが、短編集で、泰国の続きではないのですよ…!


 当初はホワイトハート文庫(ライトノベル)で発刊されていましたが、その内容はライトノベルの枠を超え新潮社文庫からも出されるようになったのですが、発行日が一月以上も新潮社の方が早く、ホワイトハートで集めているひなこは指をくわえて1~2カ月待たなければならないので口惜しい!


 十二国記からは名言がたくさん出てきますが、中でもひなこの心に刻まれた言葉が↓

「裏切られてもいいんだ。裏切った相手が卑怯になるだけで、わたしのなにが傷つくわけでもない。裏切って卑怯者になるよりずっといい」

 追いつめられて誰も親切にしてくれないから、だから人を拒絶していいのか。

 善意を示してくれた相手を見捨てることの理由になるのか。

 絶対の善意でなければ、信じることができないのか。

 人からこれ以上ないほど優しくされるのでなければ、人に優しくすることができないのか。

 わたし自身が人を信じることと、人がわたしを裏切ることはなんの関係もないはずだ。

 わたし自身が優しいことと他者がわたしに優しいことは、なんの関係もないはずなのに。

 ひとりでひとりで、この広い世界にたったひとりで、助けてくれる人も慰めてくれる人も、誰ひとりとしていなくても。

 それでもわたしが他者を信じず卑怯にふる舞い、見捨てて逃げ、ましてや他者を害することの理由になどなるはずがないのに。

「……強くなりたい……」

 世界も他人も関係がない。

 胸を張って生きることができるように、強くなりたい。



 訳が分からないまま見知らぬ世界に一人ほうりだされた主人公陽子が、執拗に命を狙って追って来る妖獣や、役人達、優しいそぶりで騙し陥れようとする人から逃げ回り、やっと出会った同じ境遇の老人にまで裏切られ、すっかりひねくれてしまった時に出会った楽俊(ねずみ)のおかげで過ちに気づく場面でのセリフ。

 ここに至るまでの話は大変読んでいて辛いものがありましたが、陽子が楽俊の思いやりに気づいてから自分の居場所(←これから読む人の為にあえてふせときます。ひなこも前知識なしで読んだので感動ひとしおでした)を見つけるまでは終始どきどきわくわくしっぱなしでした。(十二国記 月の影 影の海 より)


 是非一読してみてくださいv


                            
スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanahinako.blog.fc2.com/tb.php/183-8e288775
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。