うちに「まもかあ」がいるんですけど? 

 強面で喧嘩腰だけど、お化けが怖くて涙もろい父。身体は小さいが心は逞しく、常にいきすぎた断舎利を貫く母。身の回りのことは何一つできない二匹の銭亀。そして元同人女の私。そんな家族の騒々しい日常+α。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 未分類

はちきん女将 

2013/08/31 Sat.

 ひなこが勤めていたホテルの女将さんは、地元では「女性で車の免許を取ったのは私が第一号だった」だと豪語している御齢8?歳のはちきんです。

 女将さんは農家の嫁から酒飲みの旦那さんの尻を上手に叩いて脱農させ、旅館2軒、ホテル1軒を建てた女傑で、「私があんたの齢の頃はもう旅館2軒目を繁盛させてたよ!」とひなこはことあるごとに言われていました。




 その女将さんが免許証の更新で高齢者教習を受けて帰って来ました。


女将「支配人、右折車線ていったい何ぞ?」

一同「えっ!?」


女将「教官が右折せえ言うから曲がったら、何かしらん『右折車線へ入らないかん』いうて言うがやき」


支配人「女将っ今まで右折どうやってしよった!?」


女将「家からここへ来るのに右折するとこなんてないやか!」


 確かに女将さんの家から旅館2軒、とホテル1軒はグラウンドのトラックのような1本線上にあって、全て左折だけで行き来できるようになっているし、それ以外は運転手がついているから自分で運転することがない。


 さらに、女将さんは自分の車をバックさせなくても良いように通り抜けの駐車場を自分専用にしていて、社員やお客さんが停めようものなら川向こうまで聞こえる程の怒声を轟かせてくれます。


「バックできないんですか?」と、訊いてみると…


女将「私は後ろなんか振り向いたりせん!!」





 誰ですか?この方に免許与えた勇者さんは?



↓「過去は振り返らない主義」という方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ





スポンサーサイト

edit

CM: 5
TB: 0

page top

Category: 未分類

バセドウ氏病治った! 

2013/08/23 Fri.

 ブログで病気のことを書くのは、書く方も読む方も面白くないので書かないと決めてますが、完治したという吉報はアップしようとこれまた決めていましたのでご報告します。


 ひなこは12年前に突然『バセドウ氏病』という甲状腺機能亢進症を発病しました。

 以下症状

 心拍数の増加…正常な人の心拍数は1分間に70~85位のところひなこは90~120(常時100m全力疾走した状態)

 手の震え…当時5月のイベント合わせで修羅場ってた最中に発病した為、初めて新刊落としました。

 足のむくみ…運動してないのに筋肉痛

 全身の倦怠感等など…


 発病してすぐに病名が判明したので、眼球がとびでたり、首が丸太のように太くなるまでには至ってなかったのは幸いでした。


 ただ…なかなか良い医者には恵まれず、最初の医師は1日に24錠もの薬を処方し、「前回の検査結果が回ってきてないからもう1回しなおして」(甲状腺の検査は高い!)などとあからさまに金儲け主義だったので『この医師にかかってたら金も命もとられかねん!』と別の医師に変えました。

 二番目の医師はなかなか良い方で「君はまだ軽いのになんでこんなに薬飲んでるの?」と、1日6錠に薬は減らしてくれましたが、半年たたずにこの医師は隣の県へ転勤に…。

 引き継ぎの医師は患者の顔も見ないで常時不機嫌な上、ひなこと全く会話がなりたたない困った医師。

ひ「先生、病院はいつから移転先に移るんですか?」

医師「知りません!」



 知らんはずがなかろう!!看護婦につっつかれて気がついたらしく、いつから移転先へ診察に行けばいいのか教えてくれました…何があったか知りませんが患者に八つ当たりはイカンだろう…な医師でした。


 ひなこは当時働いていたお店のお客さんからの情報を得て、ネットでバセドウ氏病専門の医師を見つけて、八つ当たり医師に紹介状を書いてもらい病院を変えました。


 なかなか優秀な医師でひなこは一旦治るものの再発というのを3回繰り返しました。


 そして、昨年11月福岡へ奇跡を求めて旅立ち(←ブログのジャンルが違ってくるので詳細は割愛)、帰宅してからは薬をやめて様子をみていましたところ、一昨日の検査で今まで難関だったTSHの値が正常値になり(0.0099と低すぎたのが0.96に)抗体も正常値。

医師「完治と言いたいところあなたは3回も再発させてるからあと3カ月このまま様子をみたい」

とのこと。


 医師には「11月から薬飲んでない」とは言えませんでしたが『治ればなんでもいい』んですよ病人側にしてみれば!



 動悸息切れ発汗倦怠感たちとはおさらばよ!!


 と喜んでいたら「更年期障害」とやらが待っていた。


医師「最近は30代でなる人も多くてね~」


ひ「…そうですか…」

 
 
 
↓「医師選びに苦労した」という方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ



 

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

母と父 

2013/08/18 Sun.

 父に頼まれてネットでフィットネス用の水着を通販しました。

 水着代5570円+送料260円=5830円


 母に頼まれて足裏ジェルパッドを通販しました。

 足裏パッド2個1746円

 母への立替金を返還請求しました。

 立替金10,000円


 計17,576円


 ひなこはよく両親に頼まれてネット通販をしますが、支払いは全てひなこのカードで行われ、商品代金は品物が届いてから各自ひなこに現金で支払われます。

 二人とも「買っておいて!」と頼んで来る時は大変調子が良いのですが、これが支払い時になるととたんに機嫌が悪くなり、請求するひなこになんやかんやとケチをつけ、支払いをしぶるので困っています。


 父にいたっては水着代を お盆で帰省していた兄にねだって福沢さんを1枚頂戴している ので、自分の腹は痛まないにも拘らずです。


父「はい、5,000円」


ひ「足りんがな!」


父「何勝手に値上げしゆうが!」


ひ「最初から5、570円で送料速達メール便260円や!!」


母「私がまとめて払うから、お父さんの水着代は私に払って。」


父「はい、5、780円じゃら金これしかない」


 母は父が出したじゃら金から280円をさかさかと手早く財布へin!

母「札を出しや!持っちゅうろう!お兄から巻き上げたのを!」


父「買い物したもん、ほらこれでえいろう!」


父1,000円札一枚追加。


母「ほんならまけちゃろう、この500円はおつり。」



母は、父が出してた500円玉をおもむろに父に差し出しました。


 父は満面の笑顔でそれを財布にしまっています。









ひ「もともとお父さんのお金やん…」ぼそっ


「あっ!!そうやった!!お母さんズルイ!!」



「もう!余計なこと言いなや!!お父さんとお母さんは今までこれで上手くやって来たのに、あんたが入って来たおかげでおかしくなったやん、もう、出て行ってくれる?」


 お母さんとお父さんの関係は お父さんが気持ち良く騙されてる ことで成り立っているそうです。


 

↓「自分も騙される方」という方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ





edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

信じられない!! 

2013/08/12 Mon.

 新聞に「日中お外の気温を計ってみたら温度計が『49℃』まで上昇していた!」という記事が載っていました。


 百葉箱の気温なんか実際の外の気温とは言えませんね。


 我が家の庭に設置している気温計なんかふりきってますもん。


 暑くて何もする気がおきません…困ったものです。





■ ■ ■


 昨日、両親とお墓参りに行って来ました。


 墓参りの為に買ったと言っても過言ではない、荷物優先の車「バモス」に墓参り道具を一式つめこんで、さあ出発!

という時に


ゴン!! 「おぶっ!!」


鈍い音と父の奇妙な声が…。


 振り返ると、父が頭を抱え込んでうなっていました。


ひなこ「…ありえんわ…」


 父は後部のギアドアを下ろそうと引っ張って、下りて来たドアで頭頂部を強打したのです。


 裁判好きのアメリカ人でもさすがにこれで「車の構造に欠陥がある!」とは言うまい…てか、自分で引っ張り下ろしてて普通頭打ったりするもんなの!?


 どういった軌跡を描いてドアがおりてくるか、予測しませんか!?できませんか!?


父「お父さんは運転のプロだから、車をぶつけるなんてあり得ん!!」


 って豪語してますが、車は乗りこなせても、自分の身体を乗りこなせていない方が重大な問題です。


「もう嫌!!墓参りやめる!!」


 いつもの駄々を一通りこねつくすのを待ってから、ご先祖様も熱中症で倒れてるんじゃないかという程暑いお墓へ行って来ました。


 
↓「墓参りは早朝に行く」という方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

遺伝 

2013/08/02 Fri.

 今朝、弟一家が名古屋へ帰りました。

 次会えるのは年末です。(暑い時と寒い時しか会えない)

 めったに会えないのでなかなか甥姪二人の性格や好き嫌いを把握することが難しいのですが。

 唯一幼い時から変わらない特徴が


『自分に都合の悪いことは聞こえないふり(完全無視)をする』ところです。


ひなこ「Hくん、ご飯のときはライフル銃を邪魔にならないところへ置いておきなさい。」(ひなくんは兄にもらったモデルガンがお気に入り)



『無視』


ひなこ「Sちゃん、お人形を地面ですり下ろしちゃ駄目よ!もう苔程度しか髪の毛残ってないじゃない。」(一時も手放さないくらい気にいっているのに、この扱い)



『無視』ご~りご~りご~り(お人形の頭をコンクリートにこすりつける音)




ひなこ「お父さん!Hくんと花火してあげる約束だったでしょ!?」




『無視』(お外が暑くて出たくない)


ひなこ「Hくんが呼んでるよ!」


「やかましい!!あんたが行っちゃったらいいろう!!」


ひなこ『無視』
 


甥姪に現れた「さな家血統」の証…遺伝だと気がつきました。




↓「うちの血統にも共通点がある」という方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 2
TB: 0

page top

2013-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。