うちに「まもかあ」がいるんですけど? 

 強面で喧嘩腰だけど、お化けが怖くて涙もろい父。身体は小さいが心は逞しく、常にいきすぎた断舎利を貫く母。身の回りのことは何一つできない二匹の銭亀。そして元同人女の私。そんな家族の騒々しい日常+α。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 家族ネタ

父の口癖 

2013/06/30 Sun.

 うちの父はこう言えばああ言う人です。以下ああ言った例を上げてみました。


●テレビをつけたまま部屋を出て行こうとしたので

ひなこ『お父さんどこへ行きゆうが?』

『どこへ行きゆうか分からん』 (時々ほんとに分からなくなるらしい)


●出掛ける予定があったので

ひなこ『今何時か見てくれん?』

『昨日の今時分』(見るのが面倒)



●食後に

ひなこ『お腹はった?』

『お父さんまだ食べてない!』(食べた記憶は瞬時に抹消されます)



●いびきをかいていた

ひなこ=ブツっ(テレビ消す)

父『起きてるから!目つぶってただけ!』 (寝てても瞬時に起きるテレビの番人)



●常に開けっぱなし出しっぱなし

ひなこ『開けたら閉める!出した人が片付ける!』

父『明日も使うが!!』 (←片付けしない人の常套句)




●そろそろ就寝時刻(だいたい7~8時)

父『もう寝るが!!皆寝ないかんが!!』(←自分が寝た後家族が楽しんでるかもしれないのが嫌)


●風呂場の換気扇をすぐに消す

父『一番電気代がかかるがで!!』(何故か換気扇を目の敵にする)

ひなこ『テレビほどじゃないよ。風呂場の掃除せん人が消したらいかん。』

父『男の仕事じゃない!』(男の仕事は食べて遊んで寝ることだそうな)



●なんでも人から注意されると


父『よってたかってお父さんいじめて!!』(常に被害者)






●そして都合の悪いことは全て


父『ひなこが悪い!!』




 ↓「自分もそうかも」という方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

edit

CM: 10
TB: 0

page top

Category: 未分類

医者が驚いた! 

2013/06/28 Fri.

 今日は持病の定期検診に行って来ました。

 ひなこはこの病の為に12年前から嗅覚がマヒし、匂いが分からなくなっていたのですが、先日突然復活!

「仏間ってこんなに線香の匂いがするんだ!」

 ガス漏れしてても気づかない。香水瓶を鼻にあてても分からないほどだったマヒっぷりが…


「やったあ!これで誕生日に頂いたお香が楽しめる!!」

 (↑それほど不便差を意識したことがなかった)


 その日を境に身体の動きも日ごと楽になり、今まで入浴に1時間以上かかっていたのが短縮され40分以内に!


 とろとろ歩きで自転車乗るのも大変だったのに、軽く走れる、こげる!


 …と担当医に話し、実際歩いてみせたところ、医師驚愕。


医「この病気と嗅覚の関連性は学会でも論文が発表されたくらい!失った嗅覚が戻った症例はないから貴重な症例になるよ。嗅覚が戻ったことにより身体の動きが良くなるってことは論文の逆説もあり得るってことだからね!」

 なんかよくわからないけど、嗅覚が戻るってすごいことらしいです…私自身は身体が動くことに驚いてますが…福岡に行って良かったv


 ↓「医者に驚かれたことがある」という方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

本能の人 

2013/06/24 Mon.

 梅雨に入ってから、暑いか肌寒いかしかない地元。


 朝起きるなり父が言い上げてきました。


父「夜中に寒くなって目が覚めたら、お母さんが寝てる間にタオルケットをぐるっと身体に巻き付けて一人占めしちょった!!」



母「してないよ。お母さんがそんなことする訳ないやん!」



 いや、しているのです。


 母は大変家族に対して優しい人ですが、それは意識がある間だけ。


 一度眠ってしまうと、家族の誰よりも生存本能が強く強引な人間に変身してしまいます。


 それは、日中気温と夜間気温の差が激しい3~4月ごろのこと。


 新陳代謝の良い母は暑がりで、就寝当初はふとんを被らずに寝るのですが、気温が下がって来ると当然身体が冷えてきます。


 普通はここで目を覚ましてふとんを被るところ、母は手近な布団に潜りこみ、身体を回転させてふとんを本来の持ち主からはぎ取ってしまうのですよ。被害者証言→ひなこ


ひ「お母さん!それ私のふとん!!」


母「え…ああごめんごめん…」


 母は寝ぼけまなこで反対方向に転がり、父の布団に潜りこんで反動をつけ、父から布団をはぎとりにかかりました。



 ひなこは返してもらったふとんを整えて就寝。


 数分後、震えながら父が目を覚ます、という具合です。


 あと夏場は涼しい場所を探して転がって来るので、寝てる間に蹴飛ばされないよう注意が必要。


 眠ってる母は本能の人です。


 


 ↓「自分もやっちゃう」という方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

父からTVのリモコン奪いたい! 

2013/06/22 Sat.

 父がTVとBDのリモコンを独占するので困っています。

 朝起きたらまずTVをつけて、それから顔を洗いに行く父…何故洗顔してからつけないのか?



 この時電源は入っていても音声は0のままなので、煌々と画像が流れるだけ。

 食卓につき、朝食をとりながら新聞を読む父、TVは無音のままつきっぱなし

 観てないからと私が音量を上げて、チャンネルを変えようとすると


父「何勝手に変えゆうが!!これから始まるがやき!!勝手なことしな!!」


と、リモコンを取り上げて怒鳴り散らしはじめるので、うかつに手を出してはいけません。


 朝の連ドラを観た後はシネマタイムです。


BDに毎日録画している時代劇と洋画を家に居る間ひたすら見続けます。


 「ご飯時には家族3人が楽しめる番組を見せて欲しい。」と言おうものなら


父「やかましい!!人が楽しんで観てる時になんじゃかんじゃ言いな!!気に入らんがやったら出て行き!!」


と、ばぶれはじめる為母とひなこはぐっと我慢します。


 おもしろくないので、母とひなこはおしゃべりを始めます。食卓を囲んでの家族団らんのひと時…


父「あんたらうるっさい!!テレビが聞こえんやいかっ静かにして!!」


 リモコン取り上げてテレビ画面に投げつけてやりたくなる衝動にかられますが、我慢してください、はあはあ、ひなこと母はひたすら我慢です…ピキピキ。


 父があんまり使うものだから、先日BDのリモコンがイカれてしまい、買い直しました。代金はひなこが立て替えてますが、払ってくれる気配がありません。



 父はパニックムービーや人殺しマフィア、任侠モノ、ホラー、エイリアン、ロッキーなどが好きです。


 なのでご飯時にゾンビやらエイリアンやらの血がブシューとか内臓グチョグチョの映像を観たくもないのに視界に入れられる事態が頻繁に発生します。

 また、一度観てるのに忘れて何度も同じ映画を録画しては観る(忘れてるので父は何度観てても『初めて観る』感覚らしく)為、ひなこと母はもう観たくないのにロッキーを観せられるのです。

 スタローンの顔はもう観たくない…


 『ええ加減にせえ!!ゾンビの食事場面観ながら飯が食えるかあああっ!!!』


と、ちゃぶ台ひっくり返したくなる程精神的に追い詰められますが、顔が能面になっても我慢です。


 間違いなくそう遠くないうちに母は『夫源病』、ひなこは『父源病』を発症するだろうと、危険を感じ始めた頃、


母『BDの操作、消去だけは分かるようになった!!』

 父がトイレに立った隙にまだ視聴中の『必殺!』をキレイに消去してくれました。


 当然父激怒!!


父「これから仕事人の仕事が始まるところなのに!!ばかあっ!!」





母「私もう終わったと思ってv」

 消えちゃったもんはどうしようもないよねv



 

 ↓「チャンネル権持ってない」という方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 6
TB: 0

page top

Category: 布教

十二国記 待望の新刊が! 

2013/06/21 Fri.

 『十二国記』私が3●年の人生の中でこんなに繰り返し呼んだ小説はありません。

 そして、こんなに待たされる作品もないでしょう…(涙)。 

 やっと新刊が出ますが、短編集で、泰国の続きではないのですよ…!


 当初はホワイトハート文庫(ライトノベル)で発刊されていましたが、その内容はライトノベルの枠を超え新潮社文庫からも出されるようになったのですが、発行日が一月以上も新潮社の方が早く、ホワイトハートで集めているひなこは指をくわえて1~2カ月待たなければならないので口惜しい!


 十二国記からは名言がたくさん出てきますが、中でもひなこの心に刻まれた言葉が↓

「裏切られてもいいんだ。裏切った相手が卑怯になるだけで、わたしのなにが傷つくわけでもない。裏切って卑怯者になるよりずっといい」

 追いつめられて誰も親切にしてくれないから、だから人を拒絶していいのか。

 善意を示してくれた相手を見捨てることの理由になるのか。

 絶対の善意でなければ、信じることができないのか。

 人からこれ以上ないほど優しくされるのでなければ、人に優しくすることができないのか。

 わたし自身が人を信じることと、人がわたしを裏切ることはなんの関係もないはずだ。

 わたし自身が優しいことと他者がわたしに優しいことは、なんの関係もないはずなのに。

 ひとりでひとりで、この広い世界にたったひとりで、助けてくれる人も慰めてくれる人も、誰ひとりとしていなくても。

 それでもわたしが他者を信じず卑怯にふる舞い、見捨てて逃げ、ましてや他者を害することの理由になどなるはずがないのに。

「……強くなりたい……」

 世界も他人も関係がない。

 胸を張って生きることができるように、強くなりたい。



 訳が分からないまま見知らぬ世界に一人ほうりだされた主人公陽子が、執拗に命を狙って追って来る妖獣や、役人達、優しいそぶりで騙し陥れようとする人から逃げ回り、やっと出会った同じ境遇の老人にまで裏切られ、すっかりひねくれてしまった時に出会った楽俊(ねずみ)のおかげで過ちに気づく場面でのセリフ。

 ここに至るまでの話は大変読んでいて辛いものがありましたが、陽子が楽俊の思いやりに気づいてから自分の居場所(←これから読む人の為にあえてふせときます。ひなこも前知識なしで読んだので感動ひとしおでした)を見つけるまでは終始どきどきわくわくしっぱなしでした。(十二国記 月の影 影の海 より)


 是非一読してみてくださいv


                            

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 未分類

オセロ 

2013/06/20 Thu.

 二日もブログを放置して何をしていたかというと、日中はお出かけ、夜はオセロ(↓)にハマってました(汗)。

by mitti0






↑まずLvを選択してから白か黒かを選んでプレイしてください。

Lv.oでは余裕で勝てますが、Lv.1は10回中2回しかまだ勝ててませんっ悔しくて『オセロ必勝法』サイトのぞいて勉強してました(←他にやらなければならないことがあるのに)。

 どうすれば勝てるのかっ負けながらもやってる内に序盤の型みたいなものが見えて来て、何故かコンピュータ側がいつも取るのに必死になる場所があることに気づき、必勝法サイトをのぞくとやはり抑えておきたい場所と重なってました。

 将棋もそうですが、先読みの力って大事ですね。


 友人に薦められて『進撃の巨人』を読み始めました。
 そして友人の予想どおりの登場人物に釘付けに…。
 怖い作品ですが、色々と考えさせられることが多い作品です。


 ↓「勝ったv」という方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

即寝!! 

2013/06/17 Mon.

 お父さんがお布団に入ってぐずっている。



父「お父さんまだ眠たくないがっなんかよう寝ん!眠れんようっ…ぐう~すう~ぐう…(←寝息)」



ひ「早っ!なんでこんな寝付きがいいのん?」


母「眠れん眠れん言いながら一番最初に寝てしまうからね…うらやましいわ」



 父の特技は即寝です。



 ↓「なかなか寝付きが悪くて」という方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ




edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 未分類

食中毒!? 

2013/06/16 Sun.

 熟したイクリはどんなものかと、食べてみたところ(ひなこは熟れる直前が好き)やはり好みの味ではなく、奇妙に嫌な味でした。


ひ「よく好き好んでこんな変な味のを食べてるよね(父は熟しきったのが好き)」







と、思ってたらこのイクリ、完熟とおりこして腐ってました!!


 おかげでひなこは「おしん」観ながら具合を悪くし、食べたお昼御飯全部戻してダウン

 おしんは一人で出産し(死産だった)自分でへそのおを切って、産湯をもらいに出たところでダウン…生死の境をさまよっていました。




…自分、腐ったイクリごときでダウンしてる場合ではない!と心に喝を入れながら吐きまくり。 


 昔の人には敵いません…。




 今ようやく復活しましたが、食べなれない物は口にしてはいけませんね…腐ってても気づけないから危ない危ない。(食べなれた物だろうと気づけたためしはない)





 ↓「食中毒経験者」の方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ





edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 未分類

ひなこのイメージは「考える人」 

2013/06/15 Sat.

 昨日アップしました披露宴で、エンディングに新郎と新婦の生まれてから今までの写真がフィルムになって流されたのですが(エンディングロール)。

 新婦の高校時代の写真にひなこの写真が使えなかったと言われ、その理由が

A「スキー研修の写真にひなちゃんの写ってるのがあったんだけど、とっても難しい顔をしてて使えなかった」

 んだそうです。…で、披露宴に来ていた友人達が当時の私について口をそろえて言うのが…

B「ひなちゃんは当時から向上心の塊みたな人やったもんね」

M「この時もまた『いかにすれば上手に滑れるか?』とか真剣に頭でシミュレーションしとったんで」

C「イメージが常に『考える人』だったもんね」



 正直に言います。当時ひなこは恋の悩みを抱えてたんです!!



だって女の子なんだもんっ当然じゃないの!!


なんで誰も気づいてくれてない訳!?


恋する乙女に何が『考える人』だ!!


それでも友達かぁ!?



 思っていても言えませんでした。



 ↓「初恋は思い込みだ!」という方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 未分類

友人代表スピーチ 

2013/06/14 Fri.

 過日友人Aちゃんの結婚式に参列した際、ひなこは友人代表のスピーチをしました。

 このAちゃんとは高校時代からの付き合いで、ひなこは出会った瞬間「彼女と友達になりたい!」と一目ぼれ、クラスが変わっても休み時間には会いにでかけ、週末には電話をし、と猛アタックの末、結婚式で友人代表スピーチを任せてもらえる間柄となったのです。


 ひなこには「この人の為に自分の時間をどれだけ割けるか」で友達を選んでしまうところがある為、親しい友達は片手で足りる程ですが、Aちゃんは付き合いが広く、色んなタイプの人と上手に付き合っていける人で結婚式は親しい人と身内だけで職場関係等は呼んでいませんでしたが、かなりの人数でした。

 ひなこは尻に点いた火が背中に回るまで自分を追い詰めてからでないと面白いネタが描けない性分な為、結婚式の朝、会場の花嫁控室でぎりぎりまで原稿用紙とにらめっこしていました。


 披露宴が始まるまでに一応書き上げたのですが、伝えたいことの半分も書けていないことに満足できないでいたのです。


 スピーチは新郎側が先で、新郎の友人代表の方はスピーチ慣れをしていらっしゃり、カンペも見ずにすらすらとよどみなく上手に会場を沸かせてくれました。


 この時ひなこにどれほどのプレッシャーがかかっていたか、お分かりになりますでしょうか?



 同席の友人達は顔面蒼白能面のような顔をして、カンペを握りしめカタカタと震えながらヨロヨロとマイクへと歩くひなこを見て、いつ失神して倒れてもいいようにスタンバっていてくれてたそうです。


ひ「カンペを見ることをお許しください。」

 

 なんとか声が震えるのを堪えて、スピーチを始めました。



 最初はカンペ通りに話していましたが、話しているうちに彼女とのことが走馬灯のように溢れだし、気がつくとカンペほったらかしで、来賓席に向かって彼女がひなこの為にしてくれたこと(私の為に深夜にもかかわらず自転車こいでかけつけてくれたり、発病してひきこもりがちになった私を車で外に連れ出してくれたことなど)や、この日をAちゃんが迎えられたことがどんなにうれしく、待ち望んでいたか、



『わたしはずっとAちゃんに幸せになってもらいたかった!やっとこの日が来た!』



 敬語も何も…泣きながら熱く語っておりました。(他にも色々言ったそうですが、憶えてない)



 『スピーチは3分以内で!』



 今朝司会進行の方に言われた言葉がふっと甦り、もう時間間隔なんてなくなってましたが、オーバーはしてなかったと思います。


 席に戻ると友人達が泣いていました。


 壇上でAちゃんも泣いていました。


 歓談の時間になると、Aちゃんの看護学校時代の友達がやって来てスピーチに感動したと、同席の人皆泣いてたと、声をかけてくれたことに驚きました。


 その後もAちゃんのお母さんや新郎のご友人方、先にスピーチした新郎友人代表の方まで声をかけてくれたのです。



 ひなこは思いました。


 尻に点いた火が背中を焼き尽くして頭に回るまで追い詰めた方がいいのかもしれないと。



 でも新婦がAちゃんだったからこそだと思う。 
 

 
 ↓「スピーチは魂だ!」という方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ
 
 

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 亀の知恵袋

ノビタがグレた! 

2013/06/13 Thu.

 飼ってる銭亀二匹ノビタ♀とスネオ♂(共に3歳位)は上下関係がはっきりしています。

 ノビタが上で、スネオが下なのですが、これは性格によるものです。

 怖いもの知らず諦め知らずのチャレンジャーノビタと、臆病で引っ込み思案のスネオではノビタが主導権をとるのは当然。

 ごはんを食べている二匹の様子を見ていたところ、最近のスネオはもっぱら水槽の底に沈んだノビタの食べ残しを拾い食いすることに徹しているではありませんか!


 見てられません(涙)

  

 手で餌を上げていますが、水上へスネが顔を出そうものなら、容赦ないノビの張り手が直撃、怯んで頭を沈めたら今度は蹴たぐりで水底へ押しやられてしまいます


 当然ノビタの方が肥え太っています。飼い始めた頃はほとんど体格に差はありませんでしたが、ここに来て、明確に差が出始めました。


 ノビタ=むっちり   

 
 スネオ=ほっそり




 あまりにスネが可哀想なので、ひなこは餌を与える時に水槽からノビタを出して外で遊ばせている間に、スネに食べさせるという方法をとりました。


 スネオは気兼ねなくゆっくり沢山食べることができたのです。


 その様子を見ていた母が、翌日私の真似をしてノビタを水槽から出し、父の手に預けてスネに餌をあげたのです。

 父は水槽の横に立ってノビタを手にのせたまま、スネが餌を食べる姿を見ていました。


 ノビタも見ていました。


 父の手のひらの上で微動だにせずその一部始終を…。




 スネオが食べおわった後、ノビタは水槽に戻されましたが、母のやるごはんには見向きもせず、黙ってことさらゆっくりと浮島に登り、その日は一口も餌を食べませんでした




↓「ノビタの気持ちが分かる」という方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ
 

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

食べ時 

2013/06/12 Wed.

 庭に植えてるイクリの木に実がつきました。


 ひなこには熟す一歩手前が食べ時です。

 父は熟しきったのが好みです。

 母は酸っぱいのが好きなので熟すもなにも…黄色に赤みが差したらもう食べちゃいます。



 イクリの実はいっぺんに全部が熟すわけではなく2個か3個ずつくらい順番に熟れていくのですよ…。


 賢明な方はもうお分かりでしょうが、




 父の口に熟しきった甘いイクリが入ることはありません。



父「まだ酸っぱいのにどうして採った!!食べれんやか!!」



母「どうして?美味しいやんv」


 熟れる前に母に全部食べられてしまうんです。


 同じ理由でイチゴも母の口にしか入りません。



父「お父さんが作ってるのに何ちゃあ食べれんやないか!!」




 ひなこは兄弟3人の競争社会で育ってますので、好きなものは先に食べ、更に周囲にまだ残っていないか目を光らせる習性が身についていますが、父は一人っ子のボンボンなので好きなものを悠長に最後まで残そうとします





 さな家では食べ物に関する諍いが結構頻繁に勃発しますが、所詮は先に食ったもん勝ち、後でどんなに騒ごうがどうにもなりません。

 

「お父さん食べてないもん!!」


 父のこの口癖もあながち嘘ばかりとは限らないのですよ。



↓「うちも早いもん勝ち」という方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

齢をとると他人の話を聞けなくなるのか? 

2013/06/11 Tue.

 先日やって来たお地蔵様のお家を作る為に、父とホームセンターに行きました。

 60㎝四方の▲屋根のお家。もちろん設計図はない。


父「60㎝だから屋根は30㎝×75㎝のスノコ2枚あればいい。」


ひ「?底辺が60㎝の二等辺三角形だから30㎝だと屋根と言うよりになるけどいいの?」


父「何言うが?広げたらいいやか!!ちゃんとやりようがあるがやき、これで良いが!!」


 私は建築に関しては素人なので、何かやりようがあるんならと黙って買ってかえりました。

 しかし、やりようなんかあるはずがなく、ひなこの予想通り▲には到底ならないことがすぐ判明。


父「ぺったんになるから30㎝じゃ足りんやか!!」


ひ「だから言ったじゃん!だから言ったじゃん!60㎝底辺なのに30㎝2枚じゃ無理だって!『やりようがある』んじゃなかったの!?」



 結局スノコは大きいサイズと交換してもらいました。(父は嫌がるのでひなこが)



父「真鍮の釘がいる。」


ひ「木の厚さが25㎜で板の厚さが1㎝弱よ。」


父「じゃあ、38㎜でかまんね。」


ひ「なんで?合わせて35㎜なのに?(釘突き抜けるやん)」


「38でええやか。」



 ひなこは建築に関しては素人なので、突き抜けた釘を叩いてなんとかするつもりだろうと思っていました。



父「この釘長いやか!!これじゃ突き抜けるから使えん!それに釘は面倒やネジが良かったのに!」



ひ「……私35㎜って言ったよね…(怒)」


 真鍮の釘は「二度も返品交換に行くのは嫌だ!」という父のせいで(行ったのはひなこだが)いつか使うかもしれない=(一生使わない)箱に仕舞われました。



 100円ショップにて。


父「携帯ケース(布製)の蓋がきちんと閉まらないから、マジックテープを貼りたい」


私「あるよ。これにすれば?アイロンでくっつけられるし…」


父「そんなんイカン!縫いつけるやつがいい!」


私「全面アイロンでくっつけて、四隅だけちょこちょこっと縫っとけばいいやん」


父「これでいいが!!」



 父は母に縫いつけてもらいました。


父「何これ!!表にぐちゃぐちゃの縫い目が出ちゅうじゃか!!こんなん嫌!!」


母「縫うたらそうならあえ。縫い目裏に出んようになんか縫えん。」


ひ「だからアイロンでするやつにしたらって言ったのに…。ほんと人の話を聞かん人ね」


父「そういうことは早く言いや!!」



ひ「言ってるけど聞いてないじゃん!(今この瞬間も!!)」



 もうちょっと人の意見を聞く耳を持とうよ。


 昔っからずっとこんな調子でいったいどんだけ無駄遣いをしてきたことやら…。



 「今でしょ!」の先生も言ってたけど全ての敗因は


情報不足(設計図書かないから材料の寸法があやふや)

慢心(手先が器用で今までたくさん作ってんだよお父さんは!)

思い込み(お父さんの言うことは常に正しいよ!)
 でしょう。



↓人生負けっぱなしという方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

親にとってはいくつになろうと子供は子供 

2013/06/10 Mon.

 ご無沙汰しておりました!復活です。

 先日父と一緒にお買い物(100円ショップ=ひなこと父が買い物に行くと言えば100円ショップ)へ行った時のこと、駐車場で父を待たせていたひなこが走って行くと…


「走ったらイカン!!コケるやろ!!」

ひ「………」


 買い忘れの商品を買いに戻って、再び走って戻って来ると…


「走ったらイカンて言ゆうろう!!コケるから!!」


ひ「お父さん…私もう3●歳なんだけど…」


 父にとってはひなこがおばさんと呼ばれる齢になろうとも関係なく、ずっと子供のままなんですよね。


↓子供前では親の顔、親の前では子供の顔。という方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ



 

edit

CM: 2
TB: 0

page top

2013-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。