うちに「まもかあ」がいるんですけど? 

 強面で喧嘩腰だけど、お化けが怖くて涙もろい父。身体は小さいが心は逞しく、常にいきすぎた断舎利を貫く母。身の回りのことは何一つできない二匹の銭亀。そして元同人女の私。そんな家族の騒々しい日常+α。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 家族ネタ

家族サービス 

2012/10/31 Wed.

 修羅場(原稿の締め切り直前の慌しい状態)に入ってる2ヵ月の間のツケを支払う為に、今日一日家族サービスに努めました。

(2005年01月16日(日)の日記より)


 全てひなこ持ちで両親を隣の県の動物園(両親とも動物好き。好きだがきちんと世話ができない人達なので飼うことをひなこが反対している)と温泉と寿司屋に連れて行くスケジュール。

 雨が降ったら『ネットカフェ』に行った事がないという先輩のお伴をする予定でした。

(両親のみならず、あらゆる方面に不義理をしてしまうので修羅場明けはもっぱら付き合いごとに精を出してます。)

 地元の天気はすこぶるよく、両親とも上機嫌で車に乗り込んだのですが、県境近くなると見えてる山が真っ白く雲に覆われ、電光掲示板に『要チェーン』の案内が!

 そしてしぐれていた天気もいつのまにかみぞれまじりになり、雪へと!対向車の車にはがつもっているではないですか!!

 ここ何十年も地元で積もった雪を見たことないひなこ一家。

 当然スタットレスタイアどころかチェーンすら持ってません。

 仕方なくUターンいたしました…2時間も走って来たのに…。

 そして車内ではひなこと父親の『日頃の行いが悪い!!』という罵りあいがぼっ発。

(何かあるごとに不毛な言い争いをする親子)

 動物園を諦め、温泉へ。



ひ『身体洗うタオル持って来た?』


母『このタオルで洗うつもり』


ひ『バスタオルは?』


母『持って来てないよ。ひなこが持って来てるんじゃないの?』


ひ『なんで二階にいた私が持ってるよ?お母さんが用意してきてると思ってたよ!!』


母『大人二人に普通のタオル1枚…まあいいか。』


ひ『身体洗う用のタオルは私が持って来てるから…それはふく用にとっておきましょうね…。』

 几帳面なくせにこういうところでどうでもいいエテ勝手カンショウな性分の母。


母『メイク落としとか化粧水とかも持って来てないよ…』


ひ『そう言うだろうと思って二人分持ってきてるから。』


 親がアテにならないと子供はしっかり者にならざるをえない。


 温泉の下のレストランでケーキが食べたくなる母と子。

 和紙製品を見物していた父に


ひ『そこでお母さんとお茶してくるから。お父さんもケーキ食べる?』


父『ケーキはいらん。』


ひ『あそ、ほんじゃ』



 ひなこと母が4種類のケーキを堪能して出て来ると、父の姿がない。

 仕方なくあちこち店内を捜索するハメに。

 …父は車でイジけて携帯いじってました…。


『だって一緒においでって誘ってくれなかったんだもん!』


 …いったいいくつですか…?


 温泉を出た後はお寿司屋さんへ。


 車中『咽がかわいた…咽がかわいた…風呂に入ったから咽がかわいた…』


とやかましい父に


お茶あるやん飲んだらいいでしょ!』


とすすめるも


父『いかん!ビールがまずくなるからイカン!寿司屋までがまんする!』


『ビールなんか飲んだら帰り車困るやん!!私が運転してもいいの!?』 



 ひなこペーパードライバー歴更新中。

(人をはねたらイカンという理由で絶対に運転をさせてくれない父。なんでハネること前提なん?)



 寿司屋までの道中、道ばたで犬の散歩をしている人を多数発見。

父『イイなあイイなあ~よし柴犬を飼おう!』


ひ『 きちんと散歩もしてやらない、世話も三日で飽きる人は飼ったらイカン!』


父『世話しないのはひなこやろ!!』


『どうしてお父さんが飼ったペットの面倒を私がみないといけないのよ!!子供に面倒みさせること前提でペット飼おうとするそのずうずうしい根性をあらためん限り絶対飼ったらイカン!!』 
 


 寿司屋到着。今まで車中で大人しかった母の開口一番。


『大トロお願い!!』

 ひなこのお財布の中のお札は姿を消しました。



↓ちゃんと家族サービスしてる方はポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: 同人体験談

客寄せ呪いの人形? 

2012/10/30 Tue.

 2001年05月13日(日) 今から13年前の日記です。

 自己紹介で書きましたが、ひなこの色々と反省するところの性格のキツさが出てます。

 書き直そうかとも思いましたが、それでは日記の意味がないだろうと思い、書いた当時そのままの文面でアップすることにいたしました。


PM16:30 ひなこと友人のSは遅い昼食をとるため梅田の地下街にいました。

イベントに参加する為に大阪に来ていたのです。

S「わたし中華は嫌、うどんも嫌ってメールしたけどもうなんでもいいよ~。お腹減りすぎて倒れそうだ~。」


(そんなメールよこしてたのか…。←おしゃべりに夢中で確認してなかった。後で削除しておこう。くだらんメールに金は払えん。どうでもいいけどいつも「しんどい~」だの「眠い~」だののたかだか1行を送ってよこすのは一月に一回くらいにならんものか、受信するにも金がかかるんだが。言うと毎日でもリピートしてよこしそうなので言わない…。 )

「その無駄にためた贅肉を今こそ活用しなさいよ!」  

 ひなこは常に自分の事は棚上げ方式だ。

「なんだとー!!この贅肉にいったいいくらかかってると思ってるのよ!!」

 ぺしっぺしっ(←効果音)なんか怒るポイント間違ってないかS?

 「もううどんでもいいよ~うどん~。」

ひ「あんたと一緒に来ると必ずうどん食べてる気がするんだけど…。別にうどんでもいいよ。」


 ふと目をやると変わった料理が出てる店が…。

 ひなこじ~と見る。

 何か気をひかれるものがあるけれど知らない土地で初めての店に入るのはためられ、後ろ髪をひかれながらも通りすぎる。

 私は通りすぎたのに振り向くとSはへばりついていた。

 どうやら同じく気をひかれたらしい。

 2人同時に気をひかれたなら通り過ぎる理由もないだろう。

 2人は昼食をこのインド料理屋でとることに決めた。




 店内はほぼ満席で、私とSは奥の小部屋に通された。

 2人はすみっこが好きなので迷わず、一番奥のひときわ薄暗い席に座る。

 今考えるとこのあたりからどうも見えざる力が働いていたのかもしれない。

 注文は決まっていたのですぐに頼む。

 ふと気がつくと机の上にはなにやら土器がふせてある。

 今さっきどっかから掘ってきたような土器だ。

 手にとって眺めてみる。



ひ「ねえ、これなんだろう?3つもあるよ。」

S「あんたまた勝手に触って割ったらどうすんのよ!そっとしとき。」

 Sには年の離れた妹がいる為ときどき教育口調?だ。

ひ「『また』ってなによ?」

S「前にも店で飾ってある立体パズルをくずしてもとにもどせなくなったことあったでしょ!」

 ほんとくだらないことよくおぼえてるよ。もう10年も前の話だろうに。

ひ「あっ!これ灰皿だ!手が汚れた~。なんで灰皿3つもあるのよ!」

 そうよ。2人がけの机になんで灰皿3つもあるのか…。

 その事実のさししめすことに早く気づけよ自分。




 ふと、また気をひかれるものが…。

ひ「ねえ、なんか気になるものがあるんだけどさ…。」


S「言うな。わたしは見なかった事にしてるんだから。」

 言うなと言われれば言いたくなるのが人間の性だろう。


ひ「あんたの頭上に首からぶらさがってるその人形絶対使用済みだよ!!

  間違いないよ!!足こげてるもん!!絶対呪詛に使った人形だよ!!」


「馬鹿~!!言うなって言ったじゃん!!

  わたしはその真下に座ってるんだぞ!!

  気持ち考えろよ!!」
 



 店のすみっこのひときわ薄暗い席は今にわか大変騒がしくなった。

ひ「ねえ。普通さ、食べ物扱う店でこれはないと思うよ。

  どう見たってこのおやじの人形可愛くも美しくもないよ!!

  普通の農家のおっさんの人形やもん。

  そんでもってこの薄汚れ具合はどう!?

  おまけに首に紐かけてぶらさげるか普通?

  なんで足から焦げてるのよ!?

  間違いなく呪詛使用済みだよコレは!!」



S「インド料理の店だからさ、きっと本場のインドでは料理屋には客を呼ぶ為のおまじないってのがあるんだよ。そんでこの焦げた気味悪いおやじ人形はそのおまじないに使った由緒正しい客寄せ人形とかなのよ!!あんた下手なこと言ってるとバチあたるわよ!!由緒正しいんだから!!」


 Sの中では強引に由緒正しき客寄せ人形へと変換されつつある。

 何ごともポジティブシンキングはいいことだと思うが、全てにおいてつい最悪の自体を予測してしまう私とうまくやっていく為にはこれくらいの強引さも必要らしい。


 そこへタイミング良く(悪く)店員さんが料理を運んできた。

 インド料理の店なのにインド人が1人もいないあたりがなんかあやしく見える。

ひ「これなに?チャイって紅茶かなんか?」

S「まあアイスティーよね。」

ひ「蜜ついてるね。アイスティーなら入れんとね。」

 私は店員さんが置いていった小さなピッチャーに入っている透明なシロップをどばどばチャイに入れる。

 ひなこは甘党だ。いつも茶店でアイスティーを飲む時もガムシロップ一個では足らん人間だ。

 なのでいっぱい入れる。

ひ「Sこのチャイ甘すぎだよ!」

S「あっ!馬鹿!わたしの分ないやん!!なんであんたはちゃんと最初から味みて入れんのん!!

  つーかわたしの分の蜜までいれやがったな!!


ひ「えっ?これ2人分やったん?ごめん1人一つかと思った…。」

S「一つしか店員さん持って来てないやろ!」

ひ「後から持って来るのかと思って…。」

S「おのれ~!!…いいけど別にわたし甘いの苦手やから入れんし。」



 2人の仲が15年間続いてるのはこの好みの微妙な違いによるものかもしれない。

 Sのおおざっぱな性格には結構キレることもあるが救われることも多い。


ひ「S…。わたし辛いの苦手なのよ。このカレー甘口かなあ?」

「辛くないカレーなんかあるかーっ!!辛くないカレーなんてカレーではないだろうよ!!

  辛いの苦手でなんでインド料理の店なんかに入るよあんたは!!我慢して流しこめ!!」 



 どうしてだろう?Sがちょっとキレやすくなってしまった。


ひ「Sこのヨーグルトへんだよ。めちゃくちゃ甘い…。なんではちみつかかってんの?」

「まぜて食え!!カレーの口直しにヨーグルトはつきものなんだよ!!

  つーかなんであんたカレーより先にヨーグルトに手をつけてんのよ!!」
 



 ひなこにはデザートから手をつける習性がある。

 3人兄弟のまん中な為、好きなものを最後にとっておくということのできる恵まれた環境には育っていないからだ。




ひ「うわっSこのおいもめちゃ辛いわ~。カレーも辛いだけで他の味がせん。

  おまけに具入ってないやんこのカレー…。ナン焦げてるわ。」


S「基本的にインドは辛いか甘いかしかない国なんよ。

  ナンが焦げてるのはあたりまえだっつーの!!」


ひ「なんか美味しいとはほど遠い気がするんだけどどう?

  前に行った地元のインド料理屋さんは美味しかったのにな。

  なんで器が給食の器なん? 」


S「本場インドはアルミの器か土器かバナナのはっぱを使うような国なんよ。

  味付けも日本人に合わせるということはしてないとかじゃないの?

  本場の人間が喜ぶようにとかさ。」


ひ「どうして日本で開業して店員も日本人だけなのに本場を目指す必要が?」

「黙って食え。」

ひ「ねえこのピラフのようなもの。

  作ってそのまま2~3時間器にのせたまま放置しとったかのように外側堅くなってるのはわざとなん?

  インドでは当たり前なのかな?

  ちょっとかなり自分拷問受けてるような気になってきたんやけど…。」
 


 そんまましだいに無口になる2人。

 そしてまたいらんことに気付くひなこ。


ひ「S…。なんかこのテーブルざらざらするんだけど…。

  もしかして拭いてないんじゃない?うわっ端欠けてるわ!」



 ナプキンでテーブルの上を拭うと真っ黒に…。



S「もしかしてこの席普段は使ってない席だったんじゃない?

  荷物置きとかさ。だから灰皿3つもあるんよ。」



ひ「呪いだね!この席に座った者は呪われるのよ!

  だから普段は封印して使ってないのよ!
 

  もしくは、この呪いの客寄せ人形の祭壇に使ってたかよ!!」



S「わたし、デザートの唯一の希望であるケーキが心配になってきたよ…。」


ひ「この拷問のような料理を平らげんことにはそのデザートにもたどりつけんのかな?」

 

 ふと周囲を見回すと、今まで満員ということで見過ごしていた事実が発覚。

 なんと私んとこ以外のお客さんのテーブルにはチャイしかのってないのである。

 やられた~!!!

 しかしもう遅い。

 この店はチャイしか注文してはいけない店だったのである。





 ふたりは料理を平らげることができないまま、店員さんを呼ぶはめになった。

 すいませんデザート持って来て下さい。と…。


 私はたいてい初めての店ではケーキは無難にチーズケーキしか頼まない慎重派である。

 逆にSはまず普段みたことないようなオリジナルケーキを頼んでしまうチャレンジャーである。

 この場合は慎重派の私が正解であった。


S「なんかじゃりっていうたよ…。」

ひ「?石でも入ってた?」←ひどい。

S「砂糖が固まりで入ってた…。ちゃんと溶かしてない…。」




 Sはケーキも残してしまった。

 2人は大変気落ちした状態で店を後にした…。



 食い道楽の大阪で何故こんなハズレをひくはめになったのか…。

 楽しみが食事に重点をおいてあっただけにがっくり度は大きかった。

 せっかく大阪くんだりまで来てまずいご飯を食べるなんてなにやってんだ自分…。

 2人は大変ブルーになった。

 その3時間後、梅田の観覧車ではしゃぎまくる2人。

 高所恐怖症な為(←なんで乗るまで気がつかんのか?)かたまったまま一点を凝視し、ひたすらしゃべりまくるS。

 閉所恐怖症だがとりあえず身体を動かす余裕のある場所ならまだ平気で動き回り、Sにののしられるひなこ。



 たちなおりは早かった。



↓信じてる方はポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 未分類

お百度参り 

2012/10/29 Mon.

 先日お昼休み食事中に、お百度参りの話題が出て、4人中半分がお百度参りを知らなかった為、ひなことOさんが説明することとなりました。

 (2006年12月03日(日)の日記より)

 ひなこは知識だけで経験がなかったのですが、Oさんはお百度を踏んだ経験者ということで大変説得力がありました。



O『お百度は効くで!私お百度参りして願いごと叶ったもん!』



ひ『どういう願かけてたん?』



O『小学2年の時、川で買ってもらったばかりの靴流されてよ、ちゃんと岸に揃えておいてたんだけど、気がついたら流れゆがやき!間に合わんでそのままよ。怒られるのが恐くて、「叱られませんように!」って近くの神社で願かけたんよ。』



ひ『靴がないから必然的にはだしやしやね。百往復したん?』



O『したよ!そしたら怒られんかった。』





ひ『それは…神さんもききとどけやすかったんやろう。靴なくしてこたえてるんは本人やし。そんで親は許してくれたん?』



O『許すもなにもないこと気付いてなかったよ!』



ひ『…効果覿面やったんか…お母さんがあんまり関心もってなかったんか…。お百度踏む時はお百度石から境内の距離が近い神社がいいね。金比羅ではしたくないよ…。』



O『距離がある程難易度の高い願掛けが可能になるのかもしれんね。』





 高難易度の願かけて叶った方御一報下さい。


edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 未分類

オカンだらけの送別会。 

2012/10/29 Mon.

 先日10月期生が送別会をしてくれるというので、行って来ました。(2006年12月19日(火)の日記より)

 幹事がひなこの隣の席のツレだった為に参加確認用紙には手書で○を入れる手間も省かれて黒グロと印刷の○がされておりました。2次会まで強制参加決定…。


 同期のS藤さん(弟の嫁さんと同年齢なので若い)が車でつんで行ってくれるというのでTSUTAYA の前で待ち合わせ。



ひ『何時からだっけ?』



S藤『7時半からって言ってませんでしたっけ?兄の忘年会が7時からなんで、少し早くて6時半に迎えに行きますがいいですか?』



 7時15分に街に着いたので半まで大丸で時間をつぶし、時間きっかりに店に入ったところ…何故か全員が出来上がっていました…。



O村さん1(ツレの幹事)『遅い!!私電話したんで~!!』


ひ『あれ?7時半じゃなかったの?』



O村さん2(ツレの幹事その2)『6時45分からだって!!』



ひ『S~ど~う~(怒)』


S藤『すいませんっすいませんっ何せ私前の白板見えてないもんですからっ誰に聞いたんだっけ…アレ…ほんとすいまっせん!!』


 席がうまっている為、ひなこはツレからはるか遠い席にぽつんと座る羽目に…。

S藤さんは先生の横の席に呼ばれ、正座したまま掘りごたつにハマッてうめいている。


(彼女は勉強そっちのけでよくヤフオクにハマり、勉強が分からなくなると「先生の授業がツマらないからだ!」と難くせをつける為、先生から目をつけられとてもかわいがられているのである



 しゃべったことのない人たちの中でひなこ、頑張ってうちとけようと努力する。

(卒業間近になってやっとか…)年下ばかりだと思っていたら、皆年上だったことにびっくり…そして皆子持ちだった…。



 お祭り好きの幹事だったので、やたらイベントの多い送別会でした。

 景品付ビンゴゲーム。3×3の9マスに果物の名前を書き入れ、先生が言った果物を消していくというやりかた。



『昭和20年代は絶対バナナで来る!!仮病使っては親にバナナをねだってた世代だ!!』


 ひなこの読みは当たり、しょっぱなは『バナナ』で来たが、その後がいけない…『ザクロ』だの『もも』だのずれまくる先生。



『先生!!果物の王様は!?王様言って下さいよ!!』


 ひなこ1人がビンゴしないのだ…ビリッケツ…(涙)



先生『王様?え~とスイカ?』


『スイカのどこが王様やのん!!北海道よ!!夕張よ!!マスクマンよ!!』



 ひなこの景品は『履歴書』でした…。


 必然的に残った1個は先生のモノに…(マイナスイオンドライヤー)←ひなこが狙ってた(涙)。

 先生、メロンは高価すぎて先生の記憶には果物として残ってなかったんですね…。

 この他の景品は『蝶のマスク』『サンタの衣装』『おかめのカツラ』『ピチョンくんキーホルダー』『ひざかけ』『スケバン刑事のブロマイド』『浴室用防水ラジオ』『お弁当箱』等々、当たりハズレの差は大きかった。

 被りモノ等が当たった人はその場で着用が義務付けられたのである。




 クリスマスが近いので。皆でプレゼントを持ち寄って交換することに。プレゼントの条件は

『500円程度で自分が欲しいと思っているモノを持参すること!』

 ひなこは紅茶セットと手づくりせっけんを持参しました。

 曲に合わせてプレゼントを隣に回し、ストップで止まった時手にあるプレゼントが自分のものになる。

 順番にプレゼントを開けて皆に見せて、誰がプレゼントしたモノか当てるというイベント。

 ひなこのお隣さんは何か小さい包みで、開けると『キャベツー』が入ってました。

 先程の会話で彼女がお酒が飲めないことを知っているひなこ…。

 贈ったのはO村さん2(大酒飲みの幹事その2)である。



 クラス1のタイピング速度を誇るK女史には『タイピングソフト』が当たりました。


K女史『私まだ練習せにゃならんの?』


 贈ったのは休み時間も寸暇を惜しんでタイピングの練習をしているO林さんだった…。




 結構なミスマッチ度が笑えました。

 どよめきを呼んだのは幹事O村1さんからのプレゼント。

 手作りパンと手作りチョコレートケーキとクッキー。

 彼女の夢はパン職人になること。

 添加物と卵を使わないお子さまにやさしいパンを作っている。

 当たったのは旦那さんが英国人のDさん。お子さん二人も大喜びだ。



 O先生の手作りぞうりもすごかった。

 先生若そうに見えますが、昔納屋小屋でわらじこさえてたんですか!? スゴイです!!あんまり皆が欲しがるので



先生『じゃあ今度から私の授業はエクセル、ワード、アクセスとぞうり作りにしようか?』  


 先生らしく自分で作るよう指導が入りました。

 

 ラストは『タクシー代を稼ごう!100円ジャンケン大会』。

 1人100円づつ持って、隣の人とジャンケンをし、負けたら勝った人に100円を渡す。

 もらった100円と自分の100円をかけてジャンケン勝ち抜きをし、最後に勝ち残った勝者が全員分(約22名)の100円を手に入れるというゲーム。

 しかし、勝者は幹事が映画館でもらって来た犬神家の一族の佐清マスク』を被って帰らなければならない



 かつてない程のもりあがりをみせ、送別会は幹事が『料理と酒が出て来るのが遅かった!!延長させろ!!』と店に脅迫交渉を入れた為2時間半と30分延長して後終了しました。

(良い加減にお酒の入った子持ち主婦=「おかん」はずうずうしく、逞しぞ!!『タッパーと袋持って来い!』と怒鳴ってるしっかりもんの酔っ払いママもいるぞ!!)


 二次会は幹事の二人とひなことS藤とK女史でひたすら飲みながらしゃべりたおしました。


 なんか咽が痛いな~と思っていたらS藤さんがアメを回して来たので、S藤さんも咽が痛かった様子。

 送別会は個室で行われた為、誰か風邪のウイルスを持ち込んでいたのかもしれない。

 ひなこ帰宅後風邪でダウン。




 月曜日にはK女史が発熱して欠席。

 O村2さんとS藤さんも声がかれていた。

 恐ろしいウイルスだ!!





 送別会の参加人数が当初より増えた為、幹事のO村1さんが店の予約をとるのにあちこち電話をしていたのを思い出しました。

 「7時半からならOKですか?」といろいろ調整してました。



 ごめんS藤さん、私が聞かれて『7時半らしい』と言ったような気がするよ…。 ←確実言ってるな。



↓キャベツー常備してる方はポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 未分類

ひなこ顔面で養っていたイボと決別する。 

2012/10/28 Sun.

 3~4年前あたりに突如として顔面に現れ、大きな顔をしてすくすくと成長してしまったイボをもう我慢ならんと思いたち、跡形もなく消せれるものなのかどうかを診断してもらう為、今日形成病院(皮膚科もかねる)におそるおそる行ってきました。

(2007年01月09日(火)の日記より)

 なにせ顔面のことだから、下手なことになるのが恐ろしく今まで無駄飯食いの寄生虫と知りながら養ってしまったひなこの心情は、十分に察していただけるものと思います。

 診察室に入って来たひなこの顔を(正確にはイボを)見た女医さんはさかさかとカルテにイボの断面図を描き



医『根ごと除去しますので、少し凹んだ痕がのこります。

  化粧も洗顔もできますので大丈夫ですよ。

  こちらが手術直後の写真、これが半年後の写真、

  この方はほとんど分からなくなってますが、

  まあ少し凹みは残ると思いますね、

  でもほっとくともっと大きくなりますから切除しない訳にはいきません。
  
  ではすぐ切りますので!』


 ひなこの同意なしに5分もかからず切除決定!



ひ『 えっ!!そんなに簡単に手術できるんですか!?ってかおいくらかかるんですか!?』



 なんかシミとかホクロとかのけるのと一緒で保健きかないと思っているひなこ。

 インターネットで某有名美容形成外科のサイトで金額見たらイボのけるのに6~7万なんて値がついてて重い腰をより重くしていたくらいだ。



医者『ああ、一万くらいですよ。時間はそんなにかかりません。すぐ切除できます。』



 保健摘要されてました。ほっ。

 痕が多少残ってもこれ以上でかくして(現在直径4ミリ)あの時切除していればこれほどでかい傷を残さずにすんだものを…と思わずに済むだろう。



ひ『分かりました今日切ります。先生、ついでにシミの除去は痕残ったりしないんですか?』


医者『シミは全く残らないですよ。値段は8千~2万くらいです。』


 効いてるのか効いてないのか分からない値段ばかり高いクリームに頼るよりはずっと経済的じゃないか…?


 そのドアの前にはおっさんの靴だけがポツンとあり、(この病院は土禁ではない)待ち合い室の椅子からずっと不思議に思って眺めていたのだけれど、自分もその部屋に連行され靴をドアの外にポツンと残すことに。



 手術室だったのか!!



 今まで手術も入院もしたことがないひなこ(2007年01月当初)には初めての空間。

 身に付けている金属をはずし、手術台に横になる。

 頭元で看護婦さんが会話しているのが聞こえる。



『ぼそぼそ…痛いよ…ぼそぼそ』

 他はどの単語も拾えないのになんかその言葉だけは正確に聞き取ってしまうひなこの耳!!



 手術室の看護婦さんはね!痛いとか苦しいとか失敗したとか言っちゃダメ!!


めっ!!まったくもう…!!


 いきなり考える時間もなく決断しちゃってよかったのかしら?

 変なことになって後悔したりして…今なら間に合う? 

 …と常にいいことは考えられないひなこはいつもどおり悪い想像をくりひろげてしまう。

 でも不思議と不安を感じないのでたぶん自分の判断は間違ってないんだと思っている。

(あとで大変なメにあうほどの判断ミスをした時はやたらと身体が重く感じ胸がつまる。そして無理矢理自分の判断を正当化しようとし始めるのでヤバイと気付く。)



 手術自体も5分かかったかかからなかったか…麻酔注射を顔に射たれたのって初めてじゃないかしら?

 結構痛かったけれど先月歯医者で麻酔の効きが悪く7回も歯茎に注射されたのにくらべればたいしたことではない気がする 。

(それでも効かなくて最終的に痛みは我慢させられた。もう行きたくない…。虫歯とは別に歯に亀裂が入ってる事が発見され、珍しい症例だから撮影させてくれと写真まで撮られた。未だ治療中。)

 レーザーメスが入る度に、温められた血が飛び散るわけですよ。

 それが見えないけれど感触で分かる。

 その血を先生だか看護婦さんだかが拭き取ってはメスが入り、拭き取ってはメスが入りの繰返し。

 それと同時に皮膚の焼ける匂いがするのですが、イボの位置が鼻の横だっただけに避けようがない。

 皮膚をひっぱらないよう口とじてなきゃ!と思ってるもんだから鼻呼吸しかないのに、看護婦さんが気をきかして鼻を摘んでしまったのでひなこは窒息するかと思いました。

 手術が終わると患部を鏡で見せてくれるのですが、きれいにクレーター。出血もなし。

 焼いたから血が出ないのかな?とか思ってたら家に帰ってから結構出血。

 元看護婦の母がテープの交換をしようとしているところへ喜んでやってきて

「どら、どんなになってるか見せてv』
 と、興味深々。2週間はばんそうこう顔。

 でも今夜から夜中に成長する為にかむずむずするイボをいじいじしてしまうストレスから解放されたのでちょっとうれしい。



↓自分怖くてできないという方ぽちっとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 亀の知恵袋

続・おねだりノビタv 

2012/10/28 Sun.

onedari-sune.jpg


ノビタの留守中に覗くとスネオが入り込んでいました。


↓いいやんという方はポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ


ちなみにこの直後帰って来たノビタに追い出されてしまいました。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 亀の知恵袋

おねだりノビタv 

2012/10/27 Sat.

onedari1.jpg



onedarii2.jpg



onedari3.jpg



onedari4.jpg



onedari5.jpg
↑驚愕のスネオ




↓おねだり上手な方ぽちっとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: オカルト

祟りと言うか、障りというか、タイミングが悪いというか…どこでもらっていたのか…このウイルスを。 

2012/10/26 Fri.

 その日の朝、ひなこは昨日買っておいた某作家さんの実録怪談漫画文庫を読んでいました。

 近県の話も載っていて、なかなか興味深く怖かったのですが、1番怖かったのはラストの頁に書かれていた1文…

『単行本の発行後、読者の方から「読後体調を崩した」と言う投書が沢山寄せられました。購読されるにあたって自己責任において十分ご注意下さい。』


 読み終えるやいなやの悪寒!

「いやいや、あり得ないから!」

 時期は春も半ばの4月初頭。

 ガタガタ震える程の悪寒に、体温計で体温を測ってみると


『38度6分』


 何これ!?さっきまで熱なんかなかったのに!!

 1時間たつかたたないかのうちに体温は39度に達しました。

 寒いので布団に入りガタガタ震えていると、母が帰宅。


 私が不調を訴えると、

母「○○内科へ行こう。お母さんバモスに変わってから運転したことないから車では行けんき、歩かないかんけど。」

 
 お母さんっそこにタクシーという選択肢はないんですか!? 


正直、まだ熱は上り続けてる状態で、息も上がり、身体を動かすのも辛くて仕方ないのですが!!



 元気に歩く母に連れられてよろよろ歩いた診療所までの道は10分程度。

 ひなこにとっては苦痛の10分。

 ようやくたどり着いた診療所のドアには

『本日休診』の掛札が!!


 白目むきそうになってうずくまるひなこ…

母「そう言えば木曜日は休みやったわ!」

 何故予め電話確認しなかったのですか…?

母「まあいいわ。ほんなら、○○クリニックへ行こうか!頑張れひなこ!ほら、行くで!」

ひ「ぜいぜいっタ…タクシー捕まえてくれん?」

母「何言うで、ここから直線で行けるやん!1kmぐらい歩かなもったいないやろ!!」

ひ「か…金は払う…」

母「何言うがっ歩いて行ける!大丈夫って死にやせんほら立って!!」



 頑張り屋の母に引きずられ、黄泉比良坂をのぼらされる亡者のような形相のひなこ。
 
 殺される~殺される~お母さんに殺される~




 クリニックに辿り着いた時、ひなこの熱は40度に達し、待合所で座っていることもできずに、処置室のベッドで寝ながら診察を待つ事に…。


医師「たぶんこの熱の上り方はインフルエンザでしょう。
   今日調べてもウイルスは出ないから明日また来て下さい。
   解熱剤だけ出しときます。
   まめに水分取って、汗かくから着替えてね。」


 あの本…インフルエンザウイルス仕込んであったんか!?

 もちろん帰りも歩きでした。





 家に帰りついたひなこは、階段を上ることもできず…母にふとんを引き摺り下ろしてもらい、1階の両親の寝室で寝ることに。



 以下、2007年04月06日(金)の日記より

 体調壊すと健康な身体と看病してくれる存在がいることの有り難みを実感します。

 今までそうそう高熱を出して寝込むことがなかったので(前職場で何十年も熟成された細菌の温床になってる埃を吸い込んで2回倒れただけ)あらためて発見。

 体温8度台が自分的にはきつかったです。

 関節痛も頭痛も…そして眠れないから柱時計の金の音を深夜12時から4時まで聞いてしまいました。

 4時過ぎでギブアップし、2度目の解熱剤を飲みました。

 9度過ぎると頭痛がなくなって頭がぼうっとします。

 頭痛がおさまってるので少し楽です。

 ただ息が熱い…身体の動きが緩慢になって寝返りも億劫になります。

 関節痛はかわりません。

 そしてやはり眠れません。食欲もない。

 有難いことに嘔吐や下痢、咽の痛みという症状が出なかったので楽でした。

 これで嘔吐と下痢が入り1人暮しだったらトイレで死んでるかもしれません。要注意ですね!



 例の本は帰宅後速攻で処分しました。




↓いやいやないないという方はポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ


 

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

お帰りなさい、不自由な日々。 

2012/10/25 Thu.

 1週間の別荘暮らしが決まっていたはずの父が、今日帰ってきちゃいました。

父「夕飯6時に朝食8時!お昼も12時!遅すぎるやろ!!

  しかもおいしくない上に1口で終わりやんっ飢えてしまうわ!!

  夜は同室のじいさん二人がうるさくて全然寝れんかったしっ

  あんなとこ1週間もおったら病気になってしまう!!」


 我が家での父のタイムスケジュール↓

 5時半起床

 6時半朝食

 11時 昼食

 13時 お昼寝

 14時半ジム

 17時 夕食

 18時 間食

 19時 就寝

 一日終了。

 
 病院では父の都合に合わせてご飯を用意してくれたりはしませんから…。

 父が不在の間、母娘は気に入ったように好きなテレビを観ました。

(父は自分が興味のない番組は「おもしろくないから観なくていい!!」と怒鳴って決して観せてはくれません。)

 お布団を並べて寝ました。

 修学旅行みたい!と母は喜んでいました。

 もう2~3日くらい自由を満喫したかったのにな。


↓不自由の中にこそ自由の価値がある!という方ぽちっとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 同人体験談

波乱万丈!大阪インテ記録。 

2012/10/25 Thu.

 大阪インテックスにはJRと新幹線を乗り継いで日帰りで行って来ました。
 (2007年09月03日(月) 大阪波乱万丈インテ日記 より)


 朝6時の始発便に乗る為に朝4時起きで準備をし、駅のパン屋で朝食を買って中で食べようと朝食を準備してなかったことからつまづきは始まりました。

 駅に着いたのは5時半、パン屋は閉まっており、開店時間を確認すると6時半…。



ひ『駅のパン屋なら始発に合わせて開店してるもんじゃないのか!?』

 ↑ひなこは勝手な思い込みを公然のように言い切るのでよく友人から注意を受けているが治りません。根治治療は不可能。



 駅の売店も閉まっていたので、『仕方ない車内販売で何か買おう』と乗車することにしました。

 前回、ゲロゲロに酔った為、今回は奮発してグリーン席に乗車。

アナウンス

『この列車では車内販売サービスを行っておりませんのであらかじめご了承下さい。』



  ひなこ朝食抜き決定。

 イベント時は昼食をとらないので自動的にイベント終了するまでご飯抜き決定。 チ~ン




 初めて乗ったJRのグリーン席は快適な座り心地でありました。

 しかし、県境を越えようとする頃には胸や腹のあたりにムカつきを覚え始め…。

 ひなこの県から外に出る為には山を越えなければならないのですが、これが大変な悪路で、かつてかの美空ひばりもバスごと転げ落ちたという難所。

 トイレに行くのも一苦労。

 掴まらずにはまっすぐに歩けない下手したら転倒しそうな揺れの中をよろよろとトイレのあるデッキへ。

 トイレが洋式ならそう揺れも気にならないだろうが、よりにもよって和式しかない。

 前と左右に転げ落ちないように掴まる為の手すりがあるのでしがみつきながら用を足す。



 グリーン席のおかげなのか、かろうじて吐くまでにはいいたらず。

 (前日の夕食は6時だったので胃の中がからっぽだったからかもしれない)



 気温差もすさまじい…。

 前回は夏なのに寒さでカタカタ震えながら吐きながら越境したので、今回はしっかり厚手のパーカーを持参し着込んでいたため無事越境。

 しかし油断すると吐きそうになる為眠れず




 岡山駅に着いたのは8時半頃。

 乗り換え時間は7分間。

 新幹線は1分程度しかとまってくれない為、到着案内が車内に流れる頃にはデッキへ出ておかなけれなばならない、ドアが開くと同時に走る!酔ってるけど走る!

 岡山駅の新幹線乗り場は2階。

 階段駆け上がってホームに出ると到着予告の案内が出たばかり。

 新幹線には乗りなれていない為、地面に書かれている乗車口(なんかね…のぞみとひかりと他とで書いてる場所同じなのに番号が違っててね…慣れて無いからロイロイしてしまうのよ)を自分の乗る号車番号探して小走りする。

 何16号車って?なんでふた桁もあんの?

 (田舎者には信じられない長さです。ひなこが乗らなければならないのが16号車でもっと後ろもありました。これに合わせてホームの長さも長いのよね?溜息)



 ひなこの乗車券には新幹線のぞみ4号新大阪行きと印字されています。

 しかし電光掲示板には東京行き』との表示。



ひ『ええ!?これじゃないの!?しまった間違えちゃった!!』



 列んでいた列を飛び出して切符と電光掲示板を見比べる。 

 行き先以外は合っている電光掲示板…。

 出発のベルが鳴り始めてしまった。



ひ『…東京行きって新大阪にも停まるやん…』 (←なんとか気が着いた様子)





 あわてて手近な乗車口に飛び込むとすぐ閉まるドア。やれやれだ。



 新幹線は快適でした。

 あの山越えJRにくらべれば天国です。



 9時半近くに新大阪着。

 JRのフリーパス券があるから、弁天町で中央線に乗り換えよう。

 ひなこは今までこの経路でインテックスへ行ったことがありませんでした。

 初挑戦だったのです。

 そんなに難しいとは思っていませんでした。

 何が難しいって…JRのアナウンスを聞き取ることが!!



 大阪駅行きの列車の中で乗り換えについてのアナウンスが流れてるんだけれど、…何あのしゃべり方?全然聞き取れないよ!!

 こんなに聞き取れないアナウンス初めてだよJR!!


 分からないからとりあえず、環状線乗り換え口という表示に従って歩き、途中駅員さんに聞く。



駅員『15番と16番から環状線が出てますからそれに乗って下さい。』

 

 15番ホールにおりると、電車が来ていました。赤い色の。

 もうベルなってるので飛びのり、念の為に出口付近に立っていたカップルに確認。



ひ『この電車は弁天町に行きますか?』



カップルの女性の方が『はい。行きます。』と言ったのでああよかったと安心しながらも、同じ空気を纏った方達(オタクはオタクが分かります)が見当たらないことに不安を消せないひなこ。

しかし車内は異様な混み方だったので思いきりもできないまま電車は『ユニバーサルスタジオ駅』に着いたのでした…。



ひなこ『………?』

 根が素直にできているひなこはまだ騙されたことに気が着いていない。







 座ってるおばさんにもう一度聞くと。

おばさん『弁天町には行かないのよ。あの人は嘘をついてたのよ。』


 横で聞いてたんならその時教えてくれてもいいだろうにおばさん!!



 友達にメールする。


『善良な関西人に騙されて今ユニバーサルスタジオの前に居ます。仕方ないので少し遊んで行きます。』


 一度西九条まで戻って環状線に乗りなおさなければならない…。

 ひなこが会場に着いた頃にはもう一般入場が始まり、スペースの前で待ってくれてる方がいました。

 引き取りに行かなければいけない搬入物は黒猫さんに撤収されてしまってました。

 いつも大阪は独りで来る為、スペースを空けることができずあまり買い物には行けないけれど、今回はコミケで手伝ってくれたTさんが少しだけなら店番してくれるというのでおまかせし、大金をはたいて買ったカタログで調べて目的のスペースに行くと新刊はもう売り切れていました。

 カタログはただ重いだけのゴミとなったのでした…。(涙)


  イタイ目に会い続けのインテ。

 だけれど、スペースに来て下さった方とはいっぱいお話ができました。

 コミケではなかなかお話できないけれど大阪はまだまったりしていてイイ感じ。

 とてもうれしかったです。


 イベント後はYさんとベトナム料理を食べに行く予定でした。

 あらかじめネットで調べ、アバンサ堂島なら16時までランチタイムやってるから行けそうということになってました。

 2時半に撤収し、インテを出ようとすると、ニュートラルはすごい混みようでした。

 2人でコスモスクウェア駅まで歩くことにする。

 天気予報は曇りのち雨とあったのにギンギンのお日さまが照りつけていました。

 汗をだらだらかきながらコスモスクウェアをめざす。

 東京もそうだけれど大阪も1年来ないと景色が変わっています。

 こっちで合ってたっけ?うお~暑い~。ひ~ひ~言いながら歩いてると見えて来たコスモスクウェア…すごい人混み。

 ふと横を見るとタクシー乗り場が。Yさんも同じ考えでした。

 ちょうどお客さんを下ろしたばかりのタクシーがいたので2人で叫ぶ

『ヘイっタクシー!!』

ひ『梅田の堂島アバンサまで!』

 探すのが面倒なのでもう前まで連れて行ってもらうことにした2人。

 個人タクシーの運ちゃんはほとんど寝てないという話をしながらびゅんびゅんとばす。

 お腹がからっぽのひなこはもうよれよれあんまり馬力がでない。

 車がぎゅんっと追いこしかけるとからっぽの胃もぎゅんとなる。

 ううっ酔いそうだ。(運ちゃんは機嫌がよかったのと個人タクシーだったおかげで料金を少しまけてくれました)

 着いた堂島アバンサ。閉まってたベトナム料理屋。


ひ『………』なんか泣きそうになって来たひなこ。だってサイトには16時までってェ~

 ランチタイムは16時だけどオーダーストップは15時までだったようだ…。



 ベトナム料理屋に誘ったのはひなこです。

 だからこの失態の責任はひなこにある。どういう責任の取り方をしようか考えなければならない。

 Yさんは『このへんはいっぱいビルがあるから、他を探そう。』と言ってくれました。

 私は念の為、この店系列で大阪駅周辺の店をリストアップしていたので、ふたりで歩いて辿り着く。

 ビル内のほとんどのお店はディナータイムまでの時間閉まっていたけれど、かろうじて4時までオーダー受付けている中華レストランがあり、なかなかイイ感じだったのでそこでランチコースにありつけました。



 Yさんは食べるのが早かった。

 当初ひなこはコースメニューの料理の多さに食べきれないと心配していたが、Yさんが私の食べきれなかった分もきれいに平らげてくれました。

 ふと思い出す夏コミ時のS子さんのことを…。


ひ『Yさんも食べるの早いですね。私そんなに遅い方じゃないんですけど。』

Y『いえ、ひなこさん食べるの遅いですよ。それに小食ですね』


『!!!!』



 Yさんは細い…S子さんと変わらないくらい細い。

 ひなこはお世辞でも細いとは言えない。


 おかしいじゃん!!おかしいじゃん!!なんで!?なんで普通(この場合S子さんとYさん)より小食な私のが太いの!?

 どうなってるの彼女達の遺伝子!?異常なのか私の遺伝子!?

 石元先生(←小学校の時の担任)人間は平等にはできてないですよっ!!


  新幹線の時間が5時51分発だった為、店には5時10分までしかいられませんでしたが、いろんなお話をする。


 同じ絵描きのYさんは描くのが早い。

Y『4枚の原稿を1日であげられないってのがよく分からないのよ。』

ひ『4枚…私のペースだとネタ出しから完成まで早くて1週間ス…(涙)』

 食べるのも遅けりゃ、原稿も遅いひなこ…。



 楽しい時間はあっという間に過ぎちゃって、タクシーで(もうね電車乗る気力なんてありゃしない)新大阪に乗り込む2人。

 Yさんは新幹線に慣れてるので、ひなこは頼んで反対方向なのに乗り口まで連れてってもらう。

博多行きひかりでいいのよね』

 と電光掲示板を確認しながら言うYさん。

『ううん。切符には岡山行きって書いてあるの』

『博多行きでも岡山には停まるからね!』


 YさんがS子さんに見えるよ!

 Yさんと別れを惜しみながら見送られて新幹線に乗り込み座席に着くと、お隣さんは京都から博多まで行くという女性でした。

ひ『すいません、私岡山で降りるんですけど、意識なくしてたら起こして貰ってもいいですか?』

 今日のいきおいで行くと気がついたら博多ということにもなりかねない為、一応保険をかけておく、…けど必要ありませんでした。

 なんかね、腰が痛いの、すごくすごくね…。

 整骨院の医者に長時間座りっぱなしなのが原因だと言われてるひなこのズレてる腰。

 行きは酔いでそれどころではなかったのか問題なかったのですが、帰りにでようとは!


 これからの4時間を考えると酔わないはずの新幹線なのに胸と腹のあたりにムカつきが!

 同じ姿勢でいられないので椅子の上でよじりよじり変な姿勢をくりだすひなこ…(もう涙も出ない)。



 しかし、悲劇は終わらない。



 岡山からJR土讃線に乗り換え、峠を過ぎた頃、(酔いが激しい地点)グリーン席に響き渡る雑音。

 最前列に座っていた男性がイヤホンなしで音楽を聞いているのである。

 バリバリの外人ロック。

 JR線は決して静かな車両ではない。

 むしろやかましい部類だ。

 その音に負けじと音量を上げていらっしゃいます。

 吐きそうになる一歩手前のひなこ、きっともう顔色普通じゃない息もすっかりあがっている

 過日どこぞのスーパーの飲食コーナーで座席をひとりじめして寝てた男性を注意したじいさまが殴り殺されたという事件があったばかりなので誰も注意しようという勇者になれない。

 ひなこは

『私は口で失敗したこと数多く、コレは神様があたえたもうた試煉である。

 ここでこらえることができればきっと忍耐力のレベルが今より100ポイント上がって生き仏の域に!』


とキレそうになるのをこらえる為のマインドコントロールに必死

 地元メイン駅に着。

 雑音は止められたのでほっとしてましたが、ひなこの後ろの座席に座っていた男性が降り際にその男性を睨みつけ

『お前やかましいんじゃ!いいかげんにせえ!』

と怒鳴った。そして降りていった。

 残された元凶の男性とその母とひなこ(ひなこはその2駅先で降りる予定)の3人ぽっちの車内。

 ものすごくおもくるしい空気が…!!



 神様…イイ事があれば悪い事もあるのは世のならい…今日ひなこはこれらの凶事に値するだけの喜びをYさんと読み手さんから頂いたということだと思います。



↓長い話に退屈されなかった方はポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 同人体験談

友人Sの語る県民性「大阪」「岡山」「東京」編 

2012/10/24 Wed.

 夜遅く。勉強中のひなこの部屋に鳴り響く電話の呼び出し音。
 (2002年01月06日(日)の日記より)

 友人のSだった。

 今日は大阪でのイベントに参加していたS。

 帰高するなりの電話だった。

S「ものすごい人おらんで寂しかったちや。あんたんとこのお使いで○○スペースにも足運んだけど、そっちはいっぱい人がおったよ。いいねえ。」 

ひ「はあ?嘘?冬の大阪って、いや冬にもかぎらんけど○○大阪は人おらんで!昔に比べたら半数以下やもん。ほんまに?」

S「うん。いっぱいおったよ。芸能も小説も人少のうてうらやましいわ。」

ひ「一応聞いておくけど、あんたのジャンルスペースどのくらいだった?」

S「ああ。××自体はまだ結構あったけど私のジャンルは自分とこ入れて2サークルだけやったわ。」

ひ「…うん…○○はまだ多いわね…(涙)。」



S「それより聞いてよ!ニュートラルがめちゃくちゃ人多くて困ったちや。
  何列か列できてたんやけど私の列だけ全然進んでくれんがやき!」

ひ「北港の方から行ったんやろ?南港?そんなに混む?」

S「北港!なんでやろうって前覗いたらわたしの列の先頭がめちゃくちゃトロこい娘やってん。
  左右の列の人に順番抜かしされてなかなか乗らんのよ!
  横の列の子はすいすい先に行って乗ってるのにまったく動かんが!
  私イラれだからキレてよ。
  どなっちゃおうか思うたんやけど…」

ひ「Sは気が短いからね…。」

「イカン!関西人より先にキレたらイカンやろ。」

ひ「なんでや!?」

「日本一気が短い関西人がまだキレてないのに先にキレたらよっぽどやん。」

 関西人さん御免なさい。

 苦情は全てSさん宛てにお願いします。

S「もう1時間近くこの状態やのに私の周りの関西人の女の子はおとなしい にしてるんで。
  不思議やったけどイカンのよ。
  こっちの人間としては関西人より先にキレる訳にはイカン!」

ひ「それで乗れるまでおとなしく待ってたん?」

S「それがよ、私の前におった兄やんがキレてくれてね。
 『さっさと乗らんかコラァ!!どんくさいんじゃ!!』
  関西の兄やんやってん。
  それでよくよく会話を聞きよったらと私の周りの姉やん達は岡山県人やった
  んよ。
  そらキレんわ。」

ひ「岡山県人やったらなんで?」

「知らんの?岡山の人ってものすごのんびりやん!
  『遅いなぁ』『そうやなぁ。』
  の会話だけですんでしまうんよ!」

 岡山県人さん御免なさい。Sさんに悪意は全くないのです。


S「うちらはまだええわ。
  こういうイベントやき多少の混みあいは覚悟してるもん。
  可哀想なんは兄やんの横でおろおろしてる
 『ほんのちょっと散歩に出てただけなんですわ』な、爺やんよ!
  ニュートラル乗ってからもすごい混み合いで私背が小さいから
 (S木は見た目150cmないかもしれない身長だ。)
  圧死もしくわ酸欠で死ぬ かと思ったわ。年寄りにはこたえるやろう。」

ひ「もう慣れてるんじゃない?イベントに限らず混む時は混むやん東京も大阪も。」


 ちなみに地元民は気が短く、声がでかく、陽気だが喧嘩っぱやく、酒好きが多い。

 聞くところによると新潟だと北に行くほど好戦的になったりするそうだ。

 東京人は自分からは電話はめったにかけない上に短くすまそうとするが、かかってきた電話には長い。

 という見解がある。


 東京在住の友人によるとそれは地方出身の東京在住者で生活費住居費がかかるためキリつめられるのは電話代と食費だけだから皆そうなってしまう。

 かけられないけど寂しいからかかってきたらつい長くなるんだそうだ。          

 …納得。


↓納得できた方ぽちっとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 6
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

父別荘に入れられる! 

2012/10/23 Tue.

 突然ですが、「今日は畑をたたいちょくが!だから病院いかないの!」とごねていた父が医者に脅されて別荘泊まることになりました。

ひ「何日預かってくれるの?」

母「さあ、院長だったら入院にはならないんだけど、今日は別の医師が当番だったみたいで…看護婦さんにも何泊のご予定ですか?って訊かれたよ。分からん。」

ひ「ベッドが空いてたんやろう。」

母「今月一杯くらい預かってくれんろうかね?」

ひ「そう言わんと…一ヶ月位は、保険もおりることやし…命にかかわる病気でもなければ本人いたって元気だから…」

母「ああそうだ、電話!お父さんの携帯№着信拒否設定しとかないと…!」

プルルルルルルル~♪

オトウサンカラデンワデス!
(言い終わるやいなやの呼び出し音。うちの電話は喋ります。)

母「遅かったか…」

ひ「私出るわ。」

父「退屈だから本持って来て~あんた司馬遼太郎の「竜馬がゆく!」持ってたろう。」

ひ「はいはい。いつ帰って来るつもり?」

父「明日か明後日には帰る。」
←もちろん自己判断



 父は入院するとお見舞いに誰かが行くまで、1時間おきに電話をかけて来るのです。

 ひなこは過去に1日で病院と家を6往復させられました。

 家に帰りつくなり用事を作って電話をかけて来るのです。

母「おったらおったでうるさい人やけど、入院したらしたで手のかかる人よねえ。」




↓寂しがりやさんはポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 未分類

ひなこのおかしな味覚 

2012/10/23 Tue.

 いつも昼休みに通っている喫茶店の醤油は少し変わった味だなと、ひなこはずっと思っていました。
(2001年08月12日(日)の日記より)

 家の醤油より甘い気がしていたのです。

 普段からドレッシングや醤油、ソースをかけるのが嫌いで使わない為、何がどう違うとは説明できないけれど、とりあえず冷ややっこにかける分には別にまずくもなかったので気にはしてはいませんでした。

 昨日の土曜日もメニューに冷ややっこが出ました。

 その喫茶店のおばさんは大変気の優しいおばさんで、ひなこは結構気に入っています。

 以前昼時に大変混んでいた時、席に着いて注文して待っていたものの、結局時間に間に合わなくなり昼食を食べそこねた事があったのですが、翌日食後のコーヒーをおまけしてくれたのです。

 そのおばさんが、その日はひなこに








「あの、こちらがお醤油ですので。」

今までソースだとばかり思っていた容器の方を指差して言うのです…。

 おばさん、ずっと気になっていたのでしょう…。

 冷ややっこにソースをかけて平気で食べているひなこの姿が…。

 できればもっと早くに教えてほしかった…。

 ここに通い始めてもう1年がこうようとしてるんだから…。

1年間ソースを醤油と信じて疑わなかった私も私だけど、できたら器に書いてて欲しかった。 )



↓私も間違えたという方ぽちっとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村



edit

CM: 3
TB: 0

page top

Category: 同人体験談

友人Sの本音。 

2012/10/22 Mon.

 締めきりとHPの更新と仕事で死ぬほど忙しい友人Sから過日電話をもらった。

(2001年12月16日(日)の日記より)

 内容は

S「ねえ、クリスマスシネシネ団に入団しない?」

 わけわからん団体へのお誘いだった。

ひ「何それ?どんな事するの?」

 一瞬電話を切ろうかとも思ったけれど、死ぬ程いそがしい中時間を割いてまでかけてきているのだからなにか重要な話かもしれないと思いとどまる。

「クリスマスに紙袋に二つ穴を開けたものをかぶって、ああストッキングでもかまん。
遊園地によくある100円で歩いてくれる動物の乗り物に乗って街にくりだし、幸せげに腕組んで歩いているカップルをかたっぱしから殴打していくのよ。



ひ「…………………………………………。」

ひ「言っててむなしくならんかS?」

「いいじゃん!!私には所詮クリスマスも正月もないんじゃっ!!ちょっとくらい世間の幸せな連中に天誅食らわせてやるくらい許したりーな!!」

「天誅ちゃうでそれ腹いせや…。どうしたん?」

「仕事の日程表がきたんよ~。クリスマスも正月も夜勤で年末休みもないんじゃー!!うおうっうおうっ!!」

ひ「休みやったかてあんた彼氏もおらんのにかえって寂しいだけじゃんよ。
  それにあんた仕事やのに私1人で紙袋被ってカップル殴れと?」

S「ええやん。おもしろいやろ?あんただってクリスマス1人で寂しいんやから。」

ひ「失礼な!!家族と楽しく過ごすわよ!!」


S「1月の大阪合わせの締めきり勘違いしとってな、気がついたんさっきなんよ~。イカンでめちゃくちゃてんぱってるわ自分~ねえどうしよう~間に合わん~っ」



単に『締め切り勘違いしてあせっている』と伝える為に、こんな前振りがいるんですか…。 

電話してる間に原稿できるやんS…。


↓気持ち分かるという方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

母への御褒美 

2012/10/22 Mon.

 脱稿しました~今日じゃなく11日だったんですけど…(2008年01月13日(日)の日記より)、出来上がった原稿持って両親と地元の旅館へ直行しホテルから黒猫発送。

 ギリギリまでやってたのでお泊まりの荷造りも慌ててした為お風呂用の眼鏡を荷物に入れるのを忘れてしまい…豪華な浴場や露天風呂が湯煙ないのにぼやけてました(涙)。



 母がせかすのでお風呂には午後3時に入ることに…おかげでお風呂は貸し切り状態。

 ここはお風呂のアメニティが充実していておもしろかったです。

 お気に入りは顔に塗ってくるくるすると古い角質がポロポロ取れてお肌がつるつるになる雪花なんちゃら(←商品名よく見えなかった)と毛穴の汚れがすっきりとれる竹炭せっけん、保湿用クリーム、馬油のシャンプー、コンディショナー、ボディソープ!売店で売ってると書いてあったので、父親と見に行くとひなこの財布の中身で買える金額だったのは竹炭せっけん1個だけでした…。

 馬油すげエ~!!1本5千円以上の値がついてます!貧乏人には買えません!

 露天風呂は夜来るとライトアップされて5色に色付けされるのですが、夕飯食べたら身動きとれなくなりました…。

 部屋食で仲居さんが次々運んで来るのですが…前菜だけでひなこはもう腹が苦しくなり…(お刺身は皿鉢の盛り付けで出て来た…当然ひなこと母は食べきれず大半は父の胃袋におさまった)。



 後半海の幸煮込みうどんを食べた後に

『まだごはんとおすまし、デザートの果物にゆずのアイスクリームとロールケーキがある』

と言われ…(前菜の後、握り寿司もあっただよ)全員が固まったのを見て仲居さんが

『ご飯を夜食用におにぎりにもできます』

と気をきかせてくれました。

 若いのにできた仲居さんだ。

 しっかり者の母が持参していたラップに包んでおにぎりとケーキはお持ち帰り。

 部屋は10畳和室と3畳応接間と洗面所と浴室とトイレが畳の廊下の両脇にあるそれなりにいいお部屋でした。

 自宅から車で10分かかるかかからないかという近さ…。

 年末から正月にかけて朝から晩まで子守りとおさんどんに明け暮れたひなこと母への御褒美みたいなものです。

 上げ膳据え膳の有り難みを知らない父がぶつぶつ文句を言うのが許せん!代金は私と兄弟持ちなのだ!


『お母さんの為でお父さんはおまけなのよ!文句言うなら帰ってもらうからね!』

 父は酒の魚料理が多い別の宿を希望ししばらくごねていたのだ。

 一人っ子のぼんぼんなので還暦迎えた今でも孫より手がかかって困っている。

 

 いつも1人で寝てるひなこは、なかなか眠れませんでした。

 父の寝息いびき寝言が耳につくのです。

 慣れてる為さっさと母は夢の中…。

 暖房きってるのに、乾燥しているせいか咽が乾いて仕方なく、用意されていた氷水も飲み干してしまい、仕方なくポットからお湯を汲んで冷ましていると父が

父『お父さんにもお茶煎れて~』と言うので

ひ『頭元にお湯入れてあるから飲んで』

と声をかけたのに無反応…寝言でした…。



 父の寝言は迷惑なくらい鮮明で、ひなこは昔一晩中寝言で説教されたことがある…。

 夜中に父の寝室に忍び込んで枕元に立ち、黙って顔を覗き込むという憂さ晴らしをしたのだけれど近所中に響き渡る悲鳴を上げられ母に叱られました。

 私は悪く無いと思う。

 黙って立ってただけなのに…。


 昔弟がかなり精巧な蛇のゴム人形を買って来たことがありました。

 父が大の蛇嫌いで、弟はおもしろがって父親のおふとんにそれを忍ばせました。


 この世のものとは思えない悲鳴を上げた父親は烈火のごとく怒り、子供のかわいいいたずらなのに容赦なくその蛇をすぐに捨てて来るよう弟を怒鳴りつけました。

 弟は泣き泣きどこだかへ捨てに行ったのです。



 翌朝家の裏の駐車場で父の悲鳴が響き渡りました。


 父のトラックのステップに鎌首をもたげとぐろを巻いた蛇のおもちゃが鎮座していたのです。


 ひなこは『グッジョブ!!』と弟を尊敬したものでした。



 子供達がこんな風に育ってしまったのは、父親のせいに他ならない。

 父はまだ幼稚園児のひなこ達に信じられないいたずらをよくしてくれたのです。

 鷹の爪を子供の目蓋に塗って目をあけられないようにしたり。(楽しみしていた「8時だよ全員集合!!」が観られませんでした。)

 余所見しているすきに私達のご飯の中に山葵や生のにんにくを細かく噛み砕いてまぜこんだり…おかげでひなこは未だに山葵と生にんにくが苦手である。

 回転寿司屋で山葵抜きと注文する時の恥ずかしさといったらない。






 やっと寝付いたところを父に起こされました。

父『6時になったから朝風呂に行かないと朝食が遅れるから起きな!』



 年寄りの朝は早い。



 こんなに早い時間なのに、浴場には結構人がいました。

 露天風呂に入ったものの朝の冷え込みで寒くてなかなか出られなくなる。

 身体を十分あっためて出て来ると身体の不自由なおばあさんが四苦八苦しながら服を脱いでいたので手伝い、浴場の入り口まで連れて行き戸を開けてあげました。

 杖を置いてらしたので大丈夫かなあと心配してたのですが、見ていた母が

母『あの方ちゃんとお連れさんがいたのに、先入るからね。
  って言ってお連れさん手伝いもしないで先に入っていったのよ。
  どうして手伝ってあげないのかしら?』

 朝からなんだか気分が沈んでしまいました。




 朝食は和洋中のバイキング。

 お隣の席に先程のおばあさんの一家がやってきました。

母『あの先に入ったお連れさんお嫁さんだったのね…。』

 息子さん夫婦とお孫さん二人にまじってちんまくなって座ってるおばあさんが居ました。

 家庭のことは中に入ってみないと分からないですが、ひなこはこの先年老いた両親に肩身の狭い思いはさせたくないと思いました。



 チェックアウトの時間までのんびり過ごそうと思っていたのに、父親が『つまんないからもう帰る!』とごねるので帰ることにしました。

 やはりむかついたので

『お父さんが飲んだ酒代は予算に入って無いから自腹で宜しく!』  

と声をかけるとふいっとどこかに姿を消してしまいました

 ひなこが清算し、ホテルのお土産(ホテル特製ゆずポン3本)を出された頃を見計らって受け取りにひょうひょうと出て来ました…そういう人です。



 主婦の仕事に休日はありません。

 その上看護婦というきつい仕事をこなしながら二親の介護をし、3人+α(父)の子育てをこなしてくれた母へのプレゼントでした。

 (父の還暦祝いもここで一泊プレゼントしてますのであしからず…父に直接訊いても「何もしてくれてない!!」って言いますが嘘ですんで…)


↓私も御褒美欲しいなという方ぽちっとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 未分類

地震で怖いのは… 

2012/10/21 Sun.

 夕べ地震で被災し避難生活をしている夢を見た為に、朝も早くから起きだして両親に防災グッズの購入を薦めました。(2008年10月28日(火)の日記より)



『歯磨きするのに歯磨き粉を使うとすすぐ水がよけいにいるからって歯磨き粉を使わないようにしてたよ…。

ご飯なくてなんかたんぱく質のペースト状みたいな白いのにチョコレートつっこんだのを3人で1口ずつ食べてるの。

お金なんてあったって物が無ければ役には立たないから防災グッズを買って!!

食料と水の備蓄しとこうよ!備えあれば憂いなしだよ!』



母『次から次へと不安事の多い子やね…来るかどうか分からん地震の心配なんかしよりけになるかえ。』



『10年以内に来る確率50パーセントだって言ってるじゃん!来ないかもしれないけど、来るかもしれない、

震災は忘れた頃にやってくるって言うくらいだから忘れなきゃ来ないんじゃん!

いざそうなった時は皆自分達のことでいっぱいいっぱいで助けてくれやしないわよ!

夢の中では救援物資の配給を仕切ってるおばさん達がなかなか食料まわしてくれんかったで…食べ物がかかると人間変わるんよ…』



母『信金の定期に入れてくればいいやん。今月末まで新規で定期入れたら防災セットくれるで。』



ひ『見たけどこのあいだ大伯父さんの葬式の引き出物で貰ったコンパクト防災セットの方が更にラジオが付いてて
お得やったわよ!

(大伯父さんが経営してる会社の一つに防災グッズを扱ってる会社があり今息子さんが力を入れている為)』



『地震が起こったらおふとんと毛布持って●高校の体育館で場所取りをせないかん。』

母『家が無事ならここにいればいいじゃない』





『食料の配給は指定された避難先にまっ先に来るのよ!

家にいたんじゃまわってこないわ!

アメリカはボンボンベッドで人1人が占領するスペースを制限してるけど、日本は立って半畳寝て1畳と言ってる割にテレビで見たら毛布敷いた範囲は自分の占領スペース!って感じよ。

絶対一畳以上占領してけんかになる人いるって!

すみっこの方で巻き込まれんよう横になれるスペースくらいは確保せな!』


母『地震で死んでたらしなくていい心配よねぇ。』




ひ『常に最悪の事態を想定して備えておくべきよ!』 





母『あんたにとっては死ぬことより生き残る方が最悪なのね…』



 心配して備えるにもあれもこれもと言ってると限度がなくなって。

 それじゃあキャンピングカー買う?くらい話が発展してしまいます。

 最低限何を用意しておけばいいのでしょう?



↓備えはばっちしという方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

模様替え 

2012/10/21 Sun.

 入院中(2007年12月15日(土)の日記より)、食べては寝て本を読むというだらしのない…ある意味憧れの生活に溺れていた為に、すっかり人間としてダメになってしまったひなこ…。

 しなければならない項目に体力回復と肉体どころか精神の改造も盛り込まれました。

 気分転換もかねて、部屋の絨毯を変えることにしました。

『重い家具を動かす時は手伝うから』と母が言ってくれました。
(切腹してるので、お腹に力を入れられない)

『早くせな日が暮れるが!』現場監督(=口は出すが手は出さない)を父が頼みもしないのにやる気まんまんです。

 乱暴にお帰り(リビングに)願いました

 とりあえず小物をちょこちょこ移動させ、家具だけにしてみると…



 ひなこの部屋には家具が机とラックの2つしかなかったのです…。

(母が部屋に物を置くことを私の部屋なのに極端に嫌がる為、必要最低限の物しか置けない…私の部屋なのに…私の部屋なのに…ブツブツ…)ちなみに他の部屋もすっからかんです。

 箪笥も本棚も押し入れにしまわれ、6帖なら6帖、8帖なら8帖の広さがそのまんま使える部屋がほとんどになっています。

 我が家に来たお客さんは皆

『すごく片付いているわね!』

と驚きますが、片付いているのではなくて置く物が無いのです。

 当然風通しはよい。

 冬でもちょっと留守にすると窓が全開にされています。(犯人は母…彼女は寒さを感じる神経が人間より鈍い。当然一年中窓全開。)



 以前遊びに来た友人のKさんが

『なんでここだけフローリングなん?』

と遠慮なく何ら都合の悪い想像もせずに疑問をなげかけて来ました。

ひ『ある日仕事から帰って来るとこうなってたの…』

 母が、絨毯が安かったから買って来たのだそうな。

 しかしひなこの部屋は合の間で、あんまりない規格。

 本間の4帖半の横の寸法が近かったから(縦はいいのか?)とりあえずはいいだろうと…。

 ちなみに壁は白地に桜色の柄が入ったクロス。

 カーテンも薄いベージュに桃色の柄(これらは全て父の趣味)。

 なのに絨毯はうす緑色(母には値段以外にこだわるところはなかったらしい)

 机は高校の卒業式から帰って来ると今まで使っていた学習机が姿を消し、文机に替わっていました。
(犯人は父。)

 いろいろとお仕着せをしたがる両親です。

 3人兄弟で上も下もおもしろみのない、家に居着かない男子だった為か、こういった被害は全て私に集中します。

 新しく敷く絨毯は自分で選んで購入。

 サイズはやっぱりなかったので、本間サイズのカットフリーにして自分でカットしました。

 色は…何せサイズがない為ベージュとピンクと藍色の3色しかなく…ピンクにしました(寒かったから)…。

 ブリブリの女子高生のような部屋になってます…。


↓あまり部屋にはこだわらないという方ぽちっとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

怖くて息ができない! 

2012/10/20 Sat.

 父「お母さ~ん!どうして入れてくれんがっ早よ入れてや!!」
 


 父の目は取り外しができるという訳ではありません。

 目薬を入れて欲しいと言っているのです。

 父は祖母からかなりキツメの過保護に育てられましたが。

 看護婦の母と結婚してからは、入院患者のような扱いを受けて暮らしていた為、自分のことなのに自分ではできないことが沢山あり過ぎます。

 さらに家族にしてもらうことが当たり前に身についてしまっているので、身内に対して感謝の言葉もなければ、お願いする言葉もなく、いきなり『何故してくれないのか!?』から会話が始まる為、冒頭の言葉になるのですよ。

 
母「はいはい、入れるよ上向いて。」

 数秒経過。


「ぷはあ~っ窒息するやんか!!何をとろとろしゆうんっ早入れんかえ!!」


「目薬挿すのになんで息止める…?」



「息止めんと怖いやろ!!」



 怖い???



「残り少なくなってるから出にくかったんよ。ほら上向いて。言う事聞かんと目に突き刺すで!!」



 また息を止めて踏ん張る父…。


 母はこうして日ごろの鬱憤を晴らしています。




↓自分で目薬入れられる方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ


edit

CM: 5
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

困った事に脳には異常がないんです。 

2012/10/20 Sat.

 男性は生物学的に同時に二つ以上のことが考えられないと言いますが、本当なのでしょうか?

 うちの父だけがそうなのだと思っていました。

 先日父はリビングでテレビを観ていました。

 ふと庭に視線を向けたかと思うと、

父「いかん!庭の水道の蛇口閉めてない!」

と言って慌てて庭に飛び出し…軽トラックに乗ってどこかへ行ってしまったのです。

母「お父さんどこへ行ったん?庭の水道の蛇口開けっ放しで…。」

「誰んちの庭の蛇口閉めに行ったんやろな…。」 


 一時間程して父は戻って来ました。

ひ「目の前の庭の水道とめに出た人が、水道ほったらかしでどこに行ってたん?」

父「あっ!そうやった!閉めてくれた?」


 父が言うには、蛇口を閉めに庭に出たところ、畑に植える苗を庭に置きっぱなしになってるのに気がついて、車庫に移そうとしたら友達から借りた農具がそのままになってて、慌てて返しに行った。とのこと。

 やり遂げてるのは農具返すことだけです。

 優先順位を間違えてると思うのですが、一度に一つのことしか考えられない父には言うだけ無駄なので…。




 先日も朝、新聞を取りに出たのに、門を開けただけで戻って来てしまいました。

 心配になり、脳神経外科に連れていきましたが、困ったことにどこも悪くはないのです。


↓わしもあるあるという方ぽちっとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村



edit

CM: 6
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

過ぎる忠義心は大迷惑。 

2012/10/19 Fri.

 大河ドラマの『独眼竜政宗』をDVDで観てる最中ですが、やっぱり過去の大河ドラマの中で一番面白いです。

 配役もすばらしい!!

 信長や秀吉、家康は政宗に比べれば真面目で計算高いイメージですが、政宗は『やんちゃ』です。

 感情で動くことが多いのでいろいろ後が大変。

やはり片倉小十郎がだんとつで良い役どころなのですが、何かある度に心労を重ねているのはこの人の奥さんに他ならない。

 旦那のいきすぎた忠義心にふりまわされて、生まれたばかりの長男は殺されかけるわ、何度となく『自害せよ』と無体を言われるわ…。(すべては政宗への忠義を証明する為だったりする)

 小十郎の姉であるキタも忠義の人である。

 文武両道で小太刀の名手。

 愛姫の侍女を小十郎の刀を借りて全員切り殺し、一切の弁明をせず政宗の名を汚さぬ為に死ぬ覚悟を決めた姿がけなげでした。

 愛姫を人質に京にやり、半年程会うことができなくなっていたくだりで母が…。



母『半年もお父さんと離ればなれになったりしたら死んでしまうわ!』

ひ『お父さんがね。』

父『うん』


 
 父は一人だと寂しくて死んじゃううさぎのような人です。


 

↓独りは我慢できない方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ


edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

奪う生命力 

2012/10/19 Fri.

『部屋には観葉植物を必ず置きましょう。』 (2008年02月29日(金)の日記より)

と本に書いてあったので、父が育てている『銭のなる木』を分けてもらって、昨年部屋においていたのですが、当初肉厚で葉づやもよかったマリちゃん(銭のなる木の呼称。)は、一ヵ月すると痩せ細り、新芽が出たばかりの葉っぱも腐り落ち、2ヵ月たった頃には瀕死の状態となりました。

 これはイカンとすぐ父に返し様子をみたところ、即復活

 もりもりと新しい銭の葉っぱをしげらせておりました。

 別段特別な世話が必要な訳でもなく、日光浴もさせ、水の世話もし、枯れさせる要因に思い当たるところがありません…。

 再度元気になったマリちゃんを預かったところ、またしても痩せ始め…。


 可哀想なので父に返しました。

 父がかわりにシダ植物のイシちゃんをくれたので、イシちゃんを側におくことにしました。

 本によると、観葉植物は人間に元気を分けてくれるそうで、持ち主が疲れていたり弱っていると身替わりになって枯れるそうな。

 自分そんなに弱ってたのだろうか?…2007年は生まれて初めて入院し(2回も)、手術を受けたので、弱っていたいえば確かに弱っておりました。

 イシちゃんは一ヵ月に1回くらいしか水をやらないのに元気でした。

 マリちゃんも父の元で元気になってます。

 観葉植物に身を呈して癒されていたんだなあ
と実感しました。


 イシちゃんはその後、半年程で枯れ果ててしまい、(父の元に)入院させてももう復活してはくれませんでした。

 父は不思議がっていましたが、枯れてしまうことは事実なのでどうしようもありません。


 私は自分の側に観葉植物を置くことを諦めました…。


 私は観葉植物から生命力を分けてもらいましたが、観葉植物を生き生きと育てるのが上手い父は吸い取られているのでしょう…。

 そして、私は父といると身体が弱るので間違いなく父に生命力を奪われているに違いない!
と思わずにはいられないのです。




↓観葉植物老いてますという方ぽちっとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 6
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

父さん元気で留守がいい!その2 

2012/10/18 Thu.

 過日父が広島に仕事で1泊2日で出かけることになり、ひなこと母は大喜びで、ひなこはその日に仕事の休みを合わせて母と映画と御買い物にでかけました。

(父はひなこが母と二人で出かけることを許しません。…と言いますか、のけ者にされてると被害妄想全開に母娘を批難しながら何があっても絶対ついて来るのです。母子水入らずは父がいるかぎり不可能です。)

『おくりびと』を観ました。亡くなった人へ生きている人が最期にしてあげられる事。

 やはり二人で泣いてしまいました。

 御遺体を浄めて死化粧をして納棺するまでの所作がとてもきれいでみとれてしまいました。

 いろいろと考えさせられた良い映画です。





 翌日父が憔悴しきって帰って来ました。

 憔悴の原因は睡眠不足。

 ひなこが以前職場の慰安旅行で広島に行った時の怪奇体験談を思い出してしまったらしく、ホテルのスイートを1人で使わせてもらったくせに恐くて、眠れなかったのだそうです。

『寝とかんと明日も朝からずっと車運転せないかんのに、1人で寝るのが恐くて…電気つけっぱなしにして、コンビニでビール買って来て寝酒に飲んだけど、一睡もできんかった!もう2度と行かん!!』

 父は家でも1人では恐くて眠れないという人です…。



↓自分一人でも平気という方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

お年寄り相手に「いつか」はないから今なんとかしとくべし! 

2012/10/18 Thu.

 『西の魔女が死んだ』をレンタルしてきて母と二人で観ました。

 泣くだろうと思ってましたが、やっぱり母と二人涙がとまりませんでした。

 母方の祖母とどうしても重ねてしまうんですよ。

 ひなこは父方の祖父母と同居していましたが、小学生時分は夏休み、冬休み、春休みと母方の祖母の家で過ごしてました。

 母方の祖母は田舎の1人暮らしで、母は1人っ子でしたから、祖母は孫の中で唯一の女の子だったひなこを可愛がってくれました。

 よく母の名前で呼ばれてたので、きっと母の変わりだったのでしょうね。

 祖母の家から帰る時、祖母は私達の車が見えなくなるまで見送ってくれましたが、ひなこと母は当時その姿を見るのがとても辛かったのをおぼえています。

 祖母をたった1人淋しい田舎に残していくのがたまらなかったのです。

 祖母が身体を壊して、遠い病院で入院生活を送るようになり、1年に1回くらいしかお見舞いにも行けず、いよいよ悪くなり、近くの病院に転院してきてからは、ひなこは祖母と自分の進路のことで揉めて以降コミュニケーションが上手くとれず、足が遠くなって、母に

『おばあちゃんがひなこに会いたいって言ってるよ。』

と言われながら…祖母の訃報を聞いてしまいました。

 ですから、主人公が祖母に反抗して仲直りをしないまま別れるシーンに

お年寄り相手にいつかがあると思うのは間違いよ!こういう別れ方をしたらイカン!』と思わず声が出てしまいました。

 母は母で母1人子1人で育ってますので、それなりに思うところがあったようです。


↓自分も後悔したという方ぽちっとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

わきあいあい 

2012/10/17 Wed.

 『ALWAYS 三丁目の夕日 続編』(2007年11月04日(日)の日記より)を父とSさんと3人で観に行って来ました。

 (Sさんと父は仲が良い。車の座席なんか父運転席、ひなこ後部座席、S助手席だ…普通友達なんだから後部座席に乗らないか?)

 イオン到着後、映画公開まで時間があったのでそのまま父の後ろに付いていくと『トイザラス』へ直行することに…。(父トイザラス大好き)

 お風呂で遊ぶおもちゃが欲しいという父にSさんは一緒になって目を輝かせていた。

S『お魚釣りセットあるよ?』

父『もう持ってる。ペンギン輪投げセットも持ってる。』

S『あんまり目新しいのないね~』

父『Sこれおもしろいで!鰐の歯を押してビンゴすると口が閉まるよ!あいたっ!!』



 結局以前から欲しがっていたチェス板を買いました。

 父が今日ルールを覚えたというので、ひなこが相手をしてあげると

『ねえ、もう王さんつんでるのちゃんと気がついてる?』

『!!イカサマやっー!!』ガッシャ~ン!!板をひっくり返す音。

 2度ほど掴み合いのけんかになった為、母からチェス禁止令が発令される。



『三丁目の夕日 続編』…良いお話でした。

 笑うし、泣きました。

 映画館の中もうあちこちで鼻をずるずるする音が響いておりました。

 当然父もSさんもひなこも映画終わったら目が真っ赤。

 観終わった後は3人で久保田のデザート食べて(久保田直営店がイオンにしかないのでずっと行ってみたかった。マンゴーパフェも宇治パフェも美味しかったv)父にぶっかけ肉うどんをごちそうし(基本父はこんな時財布を持って来ません)、Sさんとたこやきを食べました。

 3人でわいのわいの言いながら帰って決ました。



↓うちの父もお風呂にアヒルちゃん持っているという方v

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

父さん元気で留守がいい!! 

2012/10/16 Tue.

 大月町の観光ホテルが期間限定の格安宿泊プランを出しているのを発見。
 
 今時分はコスモス畑がきれいに満開の時期を迎えているし、太平洋が見渡せる全室オーシャンビューのホテルで温泉もある。

 通常1名11000円の1泊2食付のコースが5900円とリーズナブル!さっそく父にお伺いを立ててみる。



「お父さん大月町の○○ホテルが格安プラン出してるんだけど行ってみない?独りで。」


「絶対嫌!!」



ひ「そうだ!TおんちゃんとMおんちゃんも誘って男3人で行けばいいよ!楽しいよ!お小遣いあげるから。」



(TおんちゃんもMおんちゃんも父と同類項=留守の間家族は羽をのばせる)



「楽しくない!!お小遣いだけちょうだい!!
 

 身の回りのことをしてくれる奴隷=母orひなこなしではどこにも行きたくないそうです。




母「3人で行ってくれたら、Mちゃんたちも助かるのにねえ…。」

ひ「たまにはリラックスして(させて)欲しいのに。(涙)」



「絶対嫌!!」




母「はいはい…」


↓たまには独りになりたい方ぽちっとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 未分類

全てお見通しです。 

2012/10/15 Mon.

 イベントから戻ってから腰痛が酷くなり、修羅場中(漫画の締め切り間際のせっぱつまった状態のこと)御無沙汰してました整骨院に行って来ました。(2007年08月26日(日)の日記より)



『顔洗いながら咳したら腰ゴキってなりました!』 ←嘘つき(漫画描いてたことは秘密です)



『気に入らんズレだよ。これは長いこと座りっぱなしでいた時のズレ方だ。ちょっと首右へ傾けてみ…』

『足がズレるね…ずっと俯いて何かしよったらこうなる。神経をひっぱってるのよ。』

 先生には全てお見通しでした…。





先生『今日一応ズレは治るけど、間おかずにしばらく通いなさいね。』



ゴキゴキッガツン!!


『ギャアアアアアアアアアアアア!! 』


↓是非この先生に診てもらいたいというどMな方ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 未分類

ひなこの妄想癖 

2012/10/15 Mon.

 車の運転が人間並にできるようになったので、(2007年05月11日(金)の日記より)Sさんをドライブに誘いたいのだけれどSさんは細●数子に

『今年死ぬ』

と予言されており、ひなこは細●数子に

『5月に親しい友が死ぬ』

と予言されている為、ひなこの両親の許可がおりず、Sさん自身にも激しく拒絶されて困っている…。



 韓国の地下鉄ホームからホームレスに女性が突き落とされたニュースを見て、父がひなこを心配しているのだが(6月に東京イベント参加が決まっていた)、S子さんに

『考えすぎだよっあり得ないから!』

と注意を受ける程、想像力の逞しいひなこは

 電車に乗れば周りは全員スリで、東京では手荷物を置くと100%盗まれる、ホームに立てば必ず落ちる、タバコを吸うと肺がんになり、政治家は皆私腹を肥やしていると思いこんでいる為、私腹を肥やす政治家以外への用心に怠りはないので心配は無用だと思う。



↓私も妄想癖あるよ、ついでに思い込みも激しいよって方ぽちっとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 未分類

閉所恐怖症にMRIは拷問です! 

2012/10/14 Sun.

 ひなこは1月に受けた健康診断にひっかかってしまい(2007年03月13日(火)の日記より)、MRIを撮ることになりました…急に…。

 私は閉所が大変苦手であります。

 身動きのとれない状態で横になり、目の前が壁という状態が恐ろしくない訳がありません。

 案内してくれる看護婦さんはおもしろがって

『どうしてもダメって患者さんもいてそういう方はCTに替えたりもしたんですよ。40分かかりますからねMRIは』

 40分も我慢できるだろうか?



 先日の試験会場の時のように(日商簿記2級試験を受験)叫びながら飛び出すのを我慢するストレスにさらされるのだろうか…。(閉所も苦手ですが、トイレに行ってはいけない空間にいるのも恐怖)

(この時の精神状態はパニック症状だったのかもしれません。二度とあんな目にはあいたくありません。)

 係の人はひなこが動かないようバンドで台に固定しはじめました。

 私はストレスで逃げたくなり

ひ『すいません!!トイレ行かせて下さい!!』

 しかし、トイレに逃げたってMRIを受けない訳にはいかない訳で…。 

 仕方なく係りの人を説得にかかる。

『お願いします顔さえ出てれば平気なんです!あんまり奥まで入れないで下さい!!』

係『大丈夫ですよ。場所的にそんな奥まで入れる必要ないですから、もしどうしても我慢できなくなったらこのスイッチを押して下さい。』

『火事になったらほって逃げないで下さいね!逃げられないから!!』

係『大丈夫ですよ1番先に救助がきますから』

『救助ってお兄さんは助けてくれんのですか!?』




 なんとかちょっと目線をあげれば天井が見える程度ですみました。

 心臓とか頭とかわずらったりしたらすっぽり入れられてしまうのかと思うと、絶対上半身は病気にならんぞ!!と決意するのでありました。


 病院の待ってる間に読むのに、購入した『江戸しぐさ』という本がおもしろかったです。

 江戸っ子のマナーと教育について紹介されてる本なのですが、そのひとつひとつが人間関係をスムーズにする為のマナーでいちいちうなづけるんです。

 明治の維新で禁止されたそうですが、このマナーが今にきちんと伝えられていたなら現在のこの殺伐とした人間社会にはなっていなかっただろうと思わずにはいられません。


『三脱の教え』=初対面の人には職業、年齢、地位を聞かないというルール。人間はこの3つを聞くと先入観を持って判断してしまいがちになるので、きちんと相手の人柄を見る為と、誰に対しても同じように尊重して接する為のマナー。

『尊異論』=人はそれぞれ個性があって違う考えを持ってるのが当然。お互いの違いを尊重して柔軟に受け入れる姿勢が大事。

『水かけ言葉』は禁句=人が気持ちよく話している時に『それがどうしたの』等よそよそしい言葉で水をさしたりしない。

 他にも沢山あるのですが、どれも皆が実践できれば確かに人間関係はよくなるのではないかと思いました。




↓自分MRI平気という剛の者ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

バモスで父娘掴み合いの大喧嘩! 

2012/10/13 Sat.

 昨年末に買ったばかりのホンダのバモスがオイルが漏れて火災が起こるという欠陥が発覚し、早速リコールの対象になってしまいました…。

 うちは家族は個々に原付バイクを愛用しており、乗用車なんて墓参りと親戚の葬儀の時くらいにしか使用しない程度なので、たいして乗ってもいない車を買い替える事には反対しておりました。

 元はと言えばうちの母が

母『こんなデカくてハイオクな車(TOYOTA MARKⅡ)売って、ひなこでも乗れる軽に買い替えたらいい。』

と言ったのが始まりでした。



ひ『軽だろうと普通車だろうと今まで運転させてくれなかったんだからすっかりペーパーなってんのよ!!もう運転の仕方なんて忘れちゃったわよ!!』

『ホンダのバモスターボ4WDに決めたから!!』

『はあ!?私が乗る為に買い換えるのに何でバモス!!なんで4WD!?ライフで十分よ!!』

『ひなこに関係ない! バモスじゃないとイカン!!』

『4WDなんかハンドル重くて仕方ないわ!!燃費も悪くなるやん!!普通に道走るのに4WDの必要がどこにあるんよ!?』

が降った時困るろう!』

『雪なんか20年に1回積もるか積もらないかよこの南国に!!それでなくても1ヵ月に1回乗るか乗らないかの車に必要ない!!』

HD内蔵カーナビとBSデジタルのチュイナーもつけんとイカン』


『なんで私のテレビにもついてないBSチュイナー!?車で旅行なんてしたことないのに何故カーナビ!?阿呆かあ!!』


 父娘、掴み合いの大げんか。


 結局買い替えの話は1度流れたものの、うちの父は1度欲しいと思ったら絶対買っちゃう昔のボンボン…。

 私は車にやたらお金をかける父の心理が理解できません。

 

ひ『バモスリコールかかってるやん!!』

父『あっはっは営業の人から連絡来るろう』

ひ『何があっはっはじゃ!!どこまで買い物下手やのん!!』

 バモス…12月に購入して以来、乗車したのはまだたったの2回…。


2007年03月23日(金)の日記より

↓車にこそ金をかけたい方ぽちっとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 亀の知恵袋

ひなこ資金援助で発言権を得る。 

2012/10/12 Fri.

続 弟に送ってた亀メール

第4便


ジャイアン逃走後入って来た新入りスネ夫。

昨日は先輩ののび太と大乱闘をしていたが夜は仲良く同じ岩山の下で寝ていたよ。

早起きで今食事中。

のび太はまだ爆睡中。


第5便


「銭亀殺しの父」が思い込みで間違った飼育方法を貫こうとしてるので二匹を助けるのは難しい。

春先に買った2匹の死因をネットで調べたところ溺死と判明。

原因は寒くてまだ体温の上がっていない寝てる亀をお父さんが強制的にプールに放り込んだ(しかも背が届かない程の水深)為に低体温で身体が動かず溺れたのよ。

あと、亀は縄張り意識が強いから一緒に飼うと強い亀が弱い亀を苛めてご飯を食べさせないようにする。

一匹ずつ飼わないといけないんだけど、銭亀殺しの父が

「淋しがるから一匹じゃいかん」

と、ケージ内でデスマッチをさせとる…。


第6便


朝寝坊ののび太は夜になると突然元気に遊びまくる。

一方スネ夫は朝型なので岩屋で爆睡中

 銭亀にはサルモネラ菌がいるので、触った後は石鹸でよく手を洗わなければ、うっかり口から入ると腹を壊す。

 亀をテーブルの上に歩かせては触って遊びながらご飯を食べるお父さんに、止めるように言うけど、他人の言うことは信じても家族の言うことは信じないのできいてくれない。

「その内腹こわしてお母さんのせいにするで」

とお母さんと話しながら除菌ティッシュでの歩いた後を拭く。

 案の定お父さんは腹を壊して下痢腹に…そんでやっぱり

「お母さんのせいや!」

と言いました。
 
 お母さんのせいにしてるかぎり腹は治らないよ。やれやれ…


後日談

 亀の飼育方法については、何度もひなこと父は口論になりました。

 本やインターネットで調べて飼育しようと言うひなこと、思い込みで言う父とはまったくかみ合いません。

 実際に二匹も死なせてしまっている父には説得力がありませんでした。

 これ以上父の好きにさせて亀達を死なせる訳にはいかなかったので、資金援助をし、私は発言権を手に入れたのです。

 スネオとノビタが無事に最初の冬を越し、成長してくれて安心しました。



↓頑張って生きてる二匹に応援拍手ポチv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 2
TB: 0

page top

2012-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。