うちに「まもかあ」がいるんですけど? 

 強面で喧嘩腰だけど、お化けが怖くて涙もろい父。身体は小さいが心は逞しく、常にいきすぎた断舎利を貫く母。身の回りのことは何一つできない二匹の銭亀。そして元同人女の私。そんな家族の騒々しい日常+α。

Category: 未分類

心理テスト… 

2012/09/30 Sun.

 某日記サイトさんとこで心理テストをしてきました。

Q:頭にパッと浮かんだ四字熟語をふたつ、思いついた順に書いてみてください。(ウケ狙い抜きで)  



 



       ↓ひなこの答案


       1.四面楚歌           


       2.抱腹絶倒   
 



・書けましたか?(ディスプレイに油性マジックで)



       ひ:マジックではちょっと…    



 
・これは1番目の四字熟語はあなたの人生観を表し、2番目はあなたの恋愛観を示すそうです。

 …ひなこ虞美人さえそばにいてくれれば周り中敵だらけでもイイと思ってるらしいです。


 それでも敵の陣地からひなこの同人誌を朗読する声が聞こえて来た日には自刃してしまう程のダメージを受ける模様…。


 …人生観が『四面楚歌』ってなんですか!?笑えないっ…笑えないですよ!!


 たくさんの裏切る可能性のある他人より一緒に死んでくれる虞美人1人しかいらないのね自分…。


 なんか当たらずしも遠からずな気がしないこともないのが恐い…。





 …恋愛観………



まともな恋愛諦めろと? 

 いや、むしろ腹抱えて笑いながら転げまわる程おかしい恋愛って望むところかもしれない!





 けど…




 この心理テストいったいどんな根拠があってのものか是非聞かせて頂きたい!!



↓この心理テスト信用ならんという方ぽちっとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

ひなこ父と一戦交える。 

2012/09/30 Sun.

うちの父はすぐに声を荒げて大きな声で怒鳴る大変やかましい海側タイプです。

なもんで、車の運転を教えてもらうのも結構忍耐です。

ちょっとヘマをすると怒鳴る怒鳴る…。


↓以下 父とひなこの一戦。怒鳴り口調をお許し下さい。(私は温厚な性格です。父以外にこういう話し方はしたことがありません。念の為。)

母『お母さんの時もそうやったよ…大きい声で怒鳴るからびっくりしてアクセル踏みそうになる。だから車の運転はしたくない。』

ひ『ハンドルきってきって!って言うからきったらきりすぎや!って怒るんよ。言葉尻のどこまでキルでどこからやめるか判断ができんっていうか号令じゃなくてサイドミラーにどこまで何がうつったらキルとか、視点をどこにしておくとかそういう言い方してくれな分からんのよ…。昨日なんか右が空いてるから右に寄せようとして右にハンドルきっていってたら『左へきらな!』っていきなり横からハンドルきられてよ。だから駐車場ギリギリ左に寄ってしもうたん。アレお父さんのせいで。信用ならんわ。』



 …で車の運転練習が憂鬱になってきてるひなこ。

父『早くエンジンかけや!』

ひ『早く早く言いな!今日は怒鳴ったらほって帰るで!そんな言い方されとったら車の運転するの嫌いになるから!車見ると憂鬱になるから!上手になる為には練習するしかない。練習は楽しくせな続かんのよ。隣でえらそうにガアガア言われたらやる気もうせるわ。』

父『ほな運転やめたらいいわ。』

ひ『誰のせいでせっかくとった免許がペーパーになったと思ってるの!?全部お父さんのせいやろう!! 私が乗らせて言うてるのに保険の摘要年齢書き換えて乗らせんようにしたんは誰よ!!責任取れ!!責任!!お父さんが家で具合悪くなったらタクシー呼ぶのか!?救急車呼ぶか!?自分の都合だけでモノ言うてからっどれだけ自分がかわいいんや!!

父『同じ事なんべんも言わせるお前が悪い!』

ひ『そう言えば、昔教習場の教員が言うとったわ。生徒がなかなか上達せんのは教員の指導の仕方が悪いんやてね。』

ひ『 同じ事を何度言ってもうまくできないなら『じゃあどういう言い方をしたら分かってくれるだろうか?』と考えるもんやろ普通!!教習場で一度の乗り越しもせず、仮免も本免も一発合格してる私がお父さんの指導で上手くならないってのはどう考えても指導者の力不足ってもんやろう!!なんべんもオウムみたいに理解できん言葉を繰返されても分かるかっ!!この言い方でいかんかったらこういう言い方をしてみようという頭の切り替えが必要やろ!? があがあデカイ声で怒鳴るように言われたって聞きとれるもんかっ畏縮するだけや!!相手に分かってもらう為の努力も配慮も足りなさ過ぎや!!今日の練習でのお父さんの課題は『頭をつかって感情的にならず、理解してもらうこと前提に人に話ができるようになること。』じゃ!!思いどおりにならん状況からは学べることも多いんや、人間を磨くチャンスやと思わないイカン!!教えてやってるだけのツモリでおるんは思い上がりってもんやで!!●●のおっちゃん(親戚で自動車学校の教員をしていた)を見習って優しい物言いをマスターしてちょっ!!』

父『だったら●●のおっちゃん呼んで来て習い。』


ひ『この腹か!!この腹が言うか!!』

 バッチン!! ベッチン !!

父『痛いっ!痛いっ!』


 ひなこはバックで家の前の坂道を上がって門をくぐり、そのまま切り返しをせず車庫入れができるようになりました。

 ひとえに己の努力のたまものと思われます。



↓父可哀想と思ってしまった方ポチッとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 未分類

ひなこの自動車教習で父不整脈をおこす! 

2012/09/30 Sun.

 諸事情からペーパードライバー歴を更新しておりましたが、バモス事件(後日アップ予定)以降いいかげん乗らないと!といういきさつです。(2007年04月23日(月)の日記より)

 車の運転を仕事にしている父に教えてもらうことに…。

ひ『お父さん運転席の後ろに座らないと!』

父『助手席じゃないと教えられんやん!』

『うっかり突っ込んだら死ぬ確率高いけどイイ?』

『しょっぱなからどこへ突っ込むつもり!?』

 父お薦めの練習場所はいつもウォーキングしてる川の土手。

 車の通行は少ないが、ところどころすれ違いができない道巾になっており、しかもガードレールがなく、うっかりタイヤを落とすと四メートル下の河川敷へ落下という環境。

 ここまでの運転は父。

 運転手交代。

ひ『どっちがアクセルやったっけ?』

父『右がアクセル!左がブレーキ!』

ひ『じゃあ右足でアクセル踏んで左足でブレーキ踏んだらいいのね。』

父『よくない!!アクセルもブレーキも右足で踏むの!!』


ひ『いちいち踏みかえるの面倒じゃないよ!とっさの時に間違ってアクセル踏んだりしそうよ!?』

父『しないから!!いいから右足で踏め!!パーキングいれて踏みかえる練習をしろ!!』


 父がうるさいので仕方なく右足で踏みかえる練習をする。



父『そろそろいいろ。じゃあまっすぐ走ってみ。』

ひ『ええと…パーキングからドライブにして指示機上げて…』

父『指示機はえい!誰も通らないから!』

ひ『しゅっぱ~つ!!』ブオン

父『サイド下りてないから!!』

 父あわててサイドを下ろす。



 ブロロロ~ンいったりきたりの往復を繰り返すバモス。



 なんか変。エンジン音ってこんなだっけ?なんか匂うし…う~ン


ひ『お父さん昔教習場で乗ったAT車はブレーキから足を離すとアクセル踏んでなくても進んでたのよ。ニョロニョロとさ。最近のAT車は違うのね。だってブレーキから足離してても止まってるもん。』

父『あ!!サイドブレーキが下りきってない!!どうりで臭いと思った!焼けてるかもしれん!!』

ひ『サイド下ろしてくれたん違うんか!?』

父『浅くかかった状態やったんよ。あんたで良かった(のろのろ運転だから)。お父さんが運転してたらとうに焼ききってたよ…大丈夫みたい。』

 父はアテにならないのできちんと自分でサイドブレーキを確認しようと思うひなこ。



父『はいじゃあ、バックでそこ入れて。』

 車1台がやっと通れそうな(通れるだけでドアは開けられない)脇道をさして言う。
 脇道への入り口はドブになっており道幅だけ蓋がしてある。

ひ『無理だよ!いきなりバックなんて!!この塀高くて車庫入れみたいじゃん!!』

父『言うたとおりハンドルきったらできる!!ミラーだけ見いよ。ミラーだけでバックできる癖つけないと当てるから!』

『うお~!!』 
 

 頑張るひなこ。

父『前輪落ちないよう気をつけよ~』

ひ『お父さん!ミラーに前輪はうつってないから気のつけようがないよ!!』

『だから、あらかじめ入れる場所を見て前輪落とさないようハンドルきるタイミングを目ではかっておくんよ。』  

『つい10分前にアクセルとブレーキを踏む練習してた人間にいきなり目ではかれだあっ!?どれだけハードル高くしてんの!?』

父『最初に難しいとこで練習してたほうが後々楽なのよ。次むこうのマンションの駐車場にバックで入れて。』


 こんなスパルタなノリで2日目はとある直産スーパーの駐車場へ入り、出したり入ったりを繰り返すバモス。


父『じゃあ、あの車の横へ右から行ってバックで入れて。次はあの車と車の間へ左からバックで入れて。』

ひ『うお~!じゃあ次ははしっこの車の横へ入れてみまっす!!』
 

自分の駐車している車の横で若葉マーク付けた車がバックで入れる練習を繰返ししてたら嫌だろうな!


 3日目。山道訓練。

父『上りは常に一定でアクセルは踏んどかないとイカン!そんなに踏んだり離したりしな!』

ひ『だって道知らないんだからどんなカーブになってるかも分からないのにアクセル踏んだまま先の見えない道走るのは恐いやんか!!』

父『ハンドルきりながらブレーキ踏んだらイカン!カーブに入る前にスピード落としとかな!』

『アクセル踏め言うてたやろさっき!!』

父『あっそこの下り左入って、曲がるのんちょっと右にふくれてからじゃないと曲がれないからそこ。狭くて急だから。』

『曲がる時は10メートル先までに言うてって言ってるでしょ!!ぎゃ~嫌じゃあ~!』


 4日目。

『じゃあこの坂をバックで上ってそのまま車庫入れして。』

『まだ無理だって!!』

『無理じゃない!!やればできる!!』


 5日目。父不整脈で病院行きに。

 医者は『食べ過ぎ とストレス疲労が原因です。』

 食べ過ぎはおいといて、ストレスと疲労は私の為でしょう…ごめん父ちゃん…



↓父の愛を感じた!という方ぽちっとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村


 

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 未分類

暑くて、狭くて、暗くて、窓がない! 

2012/09/29 Sat.

 一時期流行していた岩盤浴。

 今はあちこちお店が閉店していってるそうですが、ひなこも昔1度だけ体験しました。

 当時の日記がありましたので、アップしようと思います。


 2006年09月29日(金)

 貴宝石の岩盤浴に行ってきました。

 60分の岩盤浴+40分のアロマオイルマッサージ。

 ひなこ岩盤浴初体験。

『熱い岩の上にタオル敷いてねっころがると汗が出る。』

 ↑という程度の知識しかもってなかったんです。

 岩の上なんかごつごつして寝てられるんかな~?タオル敷いたくらいじゃ痛いだろうに。

 熱い岩って…岩を下から火であぶってるのか?

 友達のAちゃんを誘って行ってきました。

 何枚かのタオルと病衣みたいなのを渡され、化粧をおとしてそれに着替えるように言われました。

ひ『パンツどうするの?』

A『脱がないといけないよやっぱり。汗かくから。』

ひ『紙パンツないのかな?バリだと紙パンツはかされたんだけど。』

A『渡してくれたのはこんだけだから、パンツは履くなということじゃない?』

 病衣に着替えて係の人に連行される二人。

 岩盤浴室に入ると何故かサウナのような熱さの中平らな石の床の上にタオル敷いて人が寝ている。

 部屋にはがない…。

『これってサウナじゃん!!』

 ひなこの脳裏をソウルの悪夢がよぎる。


(ソウルの悪夢=会社の慰安旅行でソウルに行った時のこと、同僚が韓国のエステだかマッサージだかに行きたいと言い出し、同行させられたひなこはマッサージは好きだかサスナが苦手だと言ったにもかかわらず、中途半端にしか日本語を理解しない店員に釜型のサウナ(天井が低く立っては入れない。中は暗く窓は当然ない。むしろが敷いてあって、麻布を頭からすっぽり被って顔に影を作らないと熱気が凄くて息がまともにできない扉は熱で触れず、出入りのドアの開閉は係の人が紐をくくりつけて時間を見ながら開閉している為、出たくなっても自分の意思では出られない)に押し込まれたのである。閉所恐怖症でサウナ嫌いなひなこが

『何すんの!?何すんの!?やだって!!サウナはダメなんだって!!』

と抵抗するも押し込まれた為、半狂乱になって熱いドアに体当たりして逃走したことを同僚はいまだに笑いものにするのです。

 動悸息切れ目眩をおこして私はしばらくひっくりかえってました。



店員『どこにしますか?』

『ニ…ニゲヤスイヨウ…ドアノチカクデ…』ドキドキ←早くも動悸が…

A『大丈夫よ。私もサウナ苦手だけど、サウナほど熱くないから。』

『…デ…デモ…スズシクハナイジャン…』

A『大丈夫大丈夫慣れるから。具合悪くなってもすぐ出られるでしょ?』


 砂時計が落ちるのをながめながら、自己暗示をかけるひなこ。



 ダイジョウブダイジョウブマダガンバンヨクデヒトジニガデタナンテコトハオコッテナイカラ…ココハナツノヒナタニホシタフトンノウエダ…ブツブツ

ひ『Aちゃん…コレって低温やけどにならないかしら?』

A『う~ん、タオルの上からはみ出したら危ないかも…』

『なんて危険なリラクゼーション!!』
 心配するほどのぼせることもなく、15分もたった頃には熱さにも慣れておりました。

ひ『アイタタッ汗が目にっ!!』

A『小さめのタオルくれたじゃん。汗ふき用よ。』


 無事に岩盤浴を済ませた二人は、シャワーを浴びて、着替えてマッサージに。

部屋は別々でしたが、カーテンはさんですぐとなりだったのでAちゃんの声筒抜け。

店員『あれ?ショーツは履いてないんですか?』

A『えっ?パンツ履いとくんですか?』

店員『紙のショーツを渡しませんでしたか?』

A『いえ、おかしいとは思ったんですけど。』

 私達二人にだけ紙パンツを渡し抜かっていたことが発覚…。

 初体験の岩盤浴…リラックスしに行ったハズなのに何故か疲労感が増している…ひなこにはむいていなかったようです。



↓私も苦手と言う方ポチッとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

母は益荒男! 

2012/09/29 Sat.

 ふいにつけたテレビで肝臓癌の手術の映像が流れていました。

 初めて見た肝臓は、キレイな霜降り肉の固まりのように見えました。

 切除して血が通わなくなると見なれたレバ刺しの色に変色しはじめるようです。

 医者が手探りで血管を見つけ器用に糸で括っていくのですが、その結び目はゆうに100をこえています。

医『時間がかかっても、出血をなるだけ最小限におさえて患者さんの身体への負担を減らすことが優先です。』

母『あの糸はね、結び目から長く残して切ると邪魔になるし、近すぎると解けるのよ。先生は結ぶの早いからお母さんは切るのに慣れるまで手が震えて時間かかってねえ、よく「早く切って!」って叱られたもんよ。おかげで両手で鋏が使えるようになったわ。』

ひ『両手に鋏持って切っていくのん!?』

母『そうよ。先生は二人がかりで手術してるからね。当時は先生が二人とも眼鏡でね、お母さんも眼鏡してたからお腹の中をのぞき込む時よく眼鏡どおしがぶつかって、それでコンタクトにしたのよね。』

ひ『何時間もかかる手術の時トイレはどうするの?』

母『気がはってるから行きたくならないものよ。』

 うちの母は、救急医療に長く従事していた人なので、外科の分野には強いけれどそれ以外はからっきしである。

 看護婦だったからといってアテにすると危ないことは、ひなこ自身が身をもって証明しています。(過去の日記参照)

 ひなこと父はスプラッタが苦手です。

 なもんで、母の救急外来の体験談は聞きたくありません。

 母もあまり話さないのですが、時々口に出さないと我慢できないこともあるようで…

『木を切り損なったか知らんチェーンソーで頭切った言うおんちゃんの傷みたら、傷口に木屑が一杯入り込んでて、生食(生理食塩水)で流しながら、頭抱えて歯ブラシでガシガシ洗わないかんかった。』

『機械に挟まれて親指残して他の指全部切断してるの、切断面がきれいだから指があればくっつけれるのに持ってきてないのよ…。あんたも指うっかり落としたら、生食があればそれに漬けて、なければきれいなビニール袋に入れて密封して、氷で冷やしながら病院へ持って行きよ!』 


 お脳の中に木屑が入ってて歯ブラシで…(実際は骨が見える程度)想像して意識が遠くなるのでやめて下さい。

 指なくしてそこまで冷静に準備できるか自信がありません。

 我が家では母が一番心がたくましいです。父が一番繊細です。



↓うちの母ちゃんも益荒男だ!という方ぽちっとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

イケイケドンドン! その2 

2012/09/28 Fri.

 銀行と御買い物は問題なくこなしたけれど、病院の駐車場で困りました。

 普通車用と軽自動車用があるのだけれど、バモスは軽にしては大きい為、タイヤを車輪どめにくっつけても車体が少しはみだしてしまうのです。

 しかし、普通自動車用は満車で、私の車を入れると空いてるのは隣の軽用が1箇所だけになりました。

 そこへばあさまがよろよろと軽自動車で乗り込んで来たのです。

『やばい!この狭さだとぶつけられる!!』

 駐車スペースも狭ければ通路も狭い為、バックで駐車しようと思ったら駐車場の入口付近からすでにバックでもってこないといけない狭さで、とてもまわしたり2台がすれ違ったりできる巾はないのです。

ばあさま『お宅出るの?』

ひ『いえ今来たところです。隣にいれられますか?』

ばあさま『バックで入れたいんだけど無理かしら』

ひ『無理だと思います。前進でいれるのもきびしいでしょう。ここだけ斜めに枠ひかれてますから、斜め前のこの普通車にあてないようぎりぎりで入れないといけないですし。』

 すると私の逆斜め隣の普通車がこれから出ると言う。

ひ『出てくれるそうなので、こちらにいれられたらどうかと思います。一度入り口付近までバックしてあの車を出してあげてください。』

ばあさま『それが、わたしバック苦手でようせんのよ』

はい!?バック苦手で下がることもできないのに私の隣へバックで入れようとしてたんですか!?

ひ『おかまいなければわたしが誘導いたしますので、そのとおりハンドルきって下さい。』

 ばあさまを誘導しながら、厳しかった(=腹立たしかった)父の自動車教習を思い出しておりました。

ひ『車動かしながらじゃないとハンドルきったらいけませんよ!ハンドルきるときは動かしながらしてください!車が痛みますよ!逆ですっバックの時も行きたい方向へハンドルきって下さいっ』

 なんとか入り口付近までばあさまを誘導し、出る車を出すと

ばあさま『すいませんが、入れるの指示してもらっていいやろうか?』

ひ『先程の普通車が入ってたところは出るのも難しいですね。同じようにここまでバックしてこないとまわせないですし。』

ばあさま『かまんかまん。どうせ昼になったらまわりの車も出て空いてるはずだから』

 私が診察を受けて出たのは正午でしたが、まだ駐車場は満車でございました。

 ばあさまは無事にだすことができたのでしょうか?

 ひなこは父に前進と同じ様にバックでも走れるようになっておかないと他の人に迷惑がかかる!とスパルタ指導されましたが、それでも駐車場に入るのは抵抗があります。

 できれば乗りたくない。

 しかし、バックできなくてもどう考えてもバックじゃないと出られない駐車場にどうどうと入ってくるこのばあさまの度胸は見習わなければいけないような気がします。

 きっとなんとかしてしまうし、経験上なんとかなることを知ってるのですよばあさまは。



↓私も苦手と言う方ポチッとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

イケイケドンドン! その1 

2012/09/28 Fri.

 その日、朝起きるとバイクが壊れていました。
 
 正確にはバッテリーがあがってエンジンがかからない状態になってました。

 キーをonにしっぱなしだったと父が証言しています。(これで4度目)

 しかし、ひなこはヘルメットを座席下に収納している為、キーは常に座席部分にさしっぱなしの状態でわざわざハンドル部分に差し治してonにする手間をかける理由がないのです。

 今回の犯人はである。

 ひなこの止めたバイクの位置が気に入らずに動かした際にon状態にし、抜かずにそのまま放置したことが推測されます。

 しかしながら、ひなこの両親はどんなに状況証拠がそろっていようと、現行犯逮捕か物的証拠が出ないかぎり容疑を決して認めないという親の示しがつかない困った家庭なのです。


 父がバイク好きの友達を朝っぱらから呼び出して、充電にあたってる横で母親は

『ううん私じゃないよ』と首をふりつづけています。

 父の友人は『これはバッテリー交換しないといけないかもね。これバッテリー交換どれくらいか前にしたことある?』

ひ『前年。(その時の犯人は父。現在も容疑を否認中)』

父友『充電はしてみるけど、だめだったら交換になるね。結構するよ』

ひ『請求は両親にお願いします。責任はとってもらわないとこれが初犯ではありませんから!』

 さすがに両親から意義申し立てはありませんでした。

 その日、私は銀行→前の職場(御買い物)→病院→祖母の病院→整骨院と予定みっちり。小回りのきくバイクを使用していると車でのおでかけは億劫で仕方がない。
 
 しかもその年の4月までペーパードライバーだった為あまり慣れていない。

 前月兄を乗せてコンビニに行った時は、横でこやかましい兄にのぼせてブレーキとアクセルを踏み間違い、車輪留めを乗り越えてあやうく店につっこむところでした。

 どうして我が家の男の人は己が運転するように運転してあげないと口煩く指示しはじめるのだろう?

 ブレーキのタイミングは人それぞれだし、駐車場のどこへ入れるかなんか得意不得意があるんだからどこへ入れようとかまわないだろうに…。

 兄がコンビニに入ってる間にバックレて帰ってやろうとしたら見つかってめちゃくちゃ叱られました。

 とことんこの兄とは相性が悪いです。


その2へ続く


↓自分もやられた!という方ぽちっとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

一族の父を持つ娘の苦悩。 

2012/09/28 Fri.

 その日、ひなこは風邪でもないのに熱を出してしまいました。

 医者に行っても原因が分からず1週間程寝込むことに…。

 家族内に病人が出ると黙っていられないのが父。

「寒いっ寒いっ!お父さん熱が出いうよ!あんたよりもお父さんの方が重病なんで!」

 騒いでうるさいので、熱を計ってあげたところ、『34.9℃』 。

 むしろ熱が上った方が良いだろうと母娘で父は放置することに。

「あんたらあの病気はHP(仮病)や!ちっとば熱が出たからって大げさにしな!お父さん凍死しちゃうよ!」

 家族の中で優先順位が父から病人に変わるのが許せないらしく、毎度お決まりの行動です。
(飼犬の話で確かそういう話があったような…。)




 ひなこが観察していると、父は、水虫の薬を足の指に塗ってから、おもむろに顔のできものにも薬を塗り始めました。 

 その手を洗わないまま今度は、テレビのリモコンをいじろうとするので注意すると

「足は右手!顔は左手で塗りゆうの!」

と、平気な顔で嘘をつくのですが、私はリモコンが汚染されることが気になるのであって、父の顔に水虫が繁殖する心配をしている訳ではありません。




 また父は、一日中家に居る時はテレビのリモコンを離しません。

 昼寝していてもテレビは点けっ放しで、寝てるからと言ってチャンネルを変えたり、電源を切ったりすると飛び起きて怒鳴ります。

 他人様のお父様がどんなか分かりませんが、親戚の同じ世代の父を持つ娘同士が集まると皆同じことを言うので血筋的にそういう家系なのかとも思わなくもないのですが…。

 原因が分かったからと言って、家族のストレスが減るわけではないんですよね…。



↓ごめん自分もそんなかも…と思われた方ポチッとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: 入院日記

適度って人それぞれ違うからね! 

2012/09/27 Thu.

 以前ブログにアップした子宮筋腫の手術の前に、ひなこは痔の手術も受けていました。

 術後の経過が良かったので、衰えた体力を回復させる為、朝4時半起きのウォーキングを再開したところ、縫合している患部が腫れてなんかたくさん血まじりの体液が出て、痛くて眠れなくなりました。

 翌朝父に運転してもらって診察に行き症状を説明したところ。

医者『血まじりの汁ってありえんよ。何しよったん?』

ひ『運動しろと言われてましたのでウォーキングしたらこんななりました』

医者『確かに運動はせないかんけど…どれくらいの距離歩いたん?』

ひ『距離はよくわかりませんが、とりあえず1時間半くらい歩きました』

医者『やり過ぎやがな!ものには限度っちゅうもんがあるんよ!手術してまだ10日しかたってないのにそんなに急に1時間半も!?適度な運動って言うとったやん!せいぜい15分か20分にしときなさいよ!!』

『適度な運動なんてあいまいな表現されても…。最初から20分なら20分と言うといてくれたら…』

医者『いくらなんでも極端すぎるやろ!!』

医者『こんなに腫れたらそら痛いわ。しばらく安静にしときなさいね。汁言うんはよく擦り傷作った時とかに血とは別に透明な体液が出て来るやろ。あれと同じやから。患部が感染症おこしてるから膿は出るけど何回か出たら治るし大丈夫やろ。』

 ひなこは大変真面目で一生懸命に極端な人間だと周囲の友人達からの評価をいただいております。

「ひなこは一生懸命やっている」ではなく、「ひなこは狂ったようにやっている」←の表現の方が正しいそうだ)そしてそれが発揮されるのはたいてい有難くない状況においてが多く、『やり過ぎ』の為に身体を壊すことしばしばで、本人は決してやりすぎている自覚がなく改善の仕方が未だ分かりません。



↓そりゃやりすぎやがな…と思われた方ぽちっとv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

父が乙女で困ります。 

2012/09/27 Thu.

去年の3月、兄が今治から松山に転勤になり、また引っ越すことになりました。

『おおのもうっ!また手伝いに行かないかんがかよ!』

と、父が口では億劫そうに言いながら(前回の引越しでどれ程の役に立ってくれたというのだろうか?)行く気満々です。

兄から電話が…

『来なくていい…』

 あいも変わらず味も素っ気もない、必要最低限の答えです。

 ひなこも母も今度は身体的に無理なので助かりました。



 その晩、寝室からしくしくと泣き声が…

「子に嫌われた…来なくていいって~えっえっ(泣)」 


父は先日も滋賀へ葬式に行くついでに名古屋の弟宅に寄りたくて、電話したところ

『何しに来るの?』
 遠まわしにやんわりと(←弟の特徴)

「二人の幼児だけでも手がかかるのに、これ以上手のかかる人(父)が介護人(母orひなこ)も連れずに来られては迷惑です。」
※注)父はこれ以上なく健康体です。

 と、断られたばかりだったので、父の思春期の乙女のように繊細な心が傷ついたようです。


 ひなこ、仕方なく兄にメールを送る。

『お父さんがお兄ちゃんに嫌われたって泣くのでそっちに呼んでやって下さい。』

兄『分かった。じゃあ、29日に来てって言うて。』



 翌朝。

ひ「お兄ちゃんがやっぱり29日に松山の方に来て欲しいってメール来てるよ。」

 父は大喜びで『やっぱりお父さんが行かんといかんね!』と母と一緒に松山くんだりまで出かけて行きました。


 ひなこは役立たずな上、当時独りでうちにはいられない状態だった為、友人のSに泊まりに来てもらってお留守番。



 戻ってきた父は

父「行ったらキレイに片付いとった。晩御飯ご馳走してもらった。テンピュールのベッド使わせてもらったよ!」

と上機嫌。

 兄も、「業者に頼んでるから来なくていい」と言ってくれれば良かったのに…手のかかる人達です。


↓いつも応援していただき、ありがとうございますv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 布教

てふてふ荘へようこそ 

2012/09/27 Thu.

乾ルカの「てふてふ荘へようこそ」

NHK BSプレミアムで10月27日からドラマ放送始まりますね!

「ツナグ」と一緒に図書館で借りて読みましたが、今月文庫版が出たので買っちゃいました。

 てふてふ荘は訳あり物件。

 敷金礼金無し、最初の一ヶ月は家賃無料、2Kで家賃13000円。

 部屋は全部で6部屋。各部屋には漏れなく地縛霊が一体付いています。

 可愛い女子大生だったり、クールな美少年だったり、気のいいおやっさんだったり、気の強い女優だったり…どの自縛霊も個性的。

 ツナグよりはファンタジー度が強いですが、部屋の借主と自縛霊のやりとりに心がほっこり&ちょっぴり切なくなります。

 ひなこは女優霊と元囚人(詐欺師)の話が特に好きです。是非読んで欲しいなあ。




  

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

さな家泥棒に入られる! 

2012/09/26 Wed.

 9年前の2月ことです。

 仕事から帰ると父がしょげていました。

 大事に育てていた蘭を4鉢盗まれたと言うのです。

 蘭の鉢はひなこ宅と同じ敷地内にあるチャッピ-(当時飼っていた悟りを開いたような柴犬)の…いや…祖母の家の縁側に置かれていました。

 母は祖母が入院したのをいいことに祖母の家の物をあらかた捨ててしまい(畳やら、襖やら、何から何まで捨てきったものだからやたらと見晴らしのいい家になっている)、泥棒は入ったもののめぼしいものが何もなく、(箪笥を空けた形跡が残っていたが、うちの母が何かを残すような不手際をするはずがない。)なんとか金目の物をと思案した挙げ句、父の蘭の鉢をお持ち帰りしたらしい。

 過去にも一度泥棒に入られ、現金と通帳を盗まれたことのある我が家には防犯装置が(父は防犯装置を集めるのが趣味)いくつか備えつけられていたのだけれど、迷惑な程に度を越した母の節約ぐせの為に電源は全て切られていたのでした。

 電源切られてしまえばどんな性能のいい防犯装置も無用の長物…父は怒る気力もない。

 蘭の値打など全く分からない母は(私もよく分からないが)そしらぬ顔です。

 当初番犬にするつもりで飼い始めたチャッピ-は泥棒にも無関心をつらぬいた。

 今、敷地内の防犯装置は強化され、チャッピ-が庭をうろつくだけにもセンサーが反応して煌々とライトがついたり消えたりしています。

 いざ泥棒にセンサーが反応した時、その光や音を『チャッピ-ではない』と判断することができるかどうか甚だ疑問…。



 以前泥棒に入られた時、当時高校生だった兄は夜トイレに起き、泥棒を目撃していたにも関わらず、それを『まもかあだ!!』とおつむを疑いたくなるような誤認をし、ふとんの中で震えながら犯行を見過ごしてしまったと言う…。

 何の冗談か、その日は4月1日だった為、朝弟に『お姉ちゃん泥棒に入られたって。』と起こされても、神妙な顔になっている母を見るまでとても信じられませんでした。



↓いつも応援していただき、ありがとうございますv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 未分類

手段の為に目的を忘れてました。 

2012/09/26 Wed.

 10年前の12月のことです。

 当時、ダイエットの為に自転車通勤を始めたばかりのひなこ。

 とっぷりと日がくれた中をせこせこ弟の自転車(ひなこのマイ自転車は過日通勤途中に不燃物置き場の前を通った際、おそらく母の手によってそこに鎮座させられているのを発見いたしましたが、私は通勤途中だった為ものすごく驚いたものの、引き返して取りかえすこと叶わず手のとどかないところに行ってしまわれました…涙。ええかげんにせえよ!おかん!!)をこいでの帰宅途中のこと…一生懸命自転車をこいで私を追いこして行こうとした男子高校生が1人。

 私の自転車は弟が車で片道50分の通学路を自転車で1時間半かけて通い続ける為に購入したタイヤインチのでかい、変速切り替え付き早さ重視の自転車です。
 
 男子高校生はなんの変哲もないママチャリでした…。

 よく見ると男子高校生の制服は弟と同じグレイの詰め襟。

 ということはこの男子高校生は過去の弟と同じく、東隣の市の真ん中からうちの市の西の端であるここまで、一生懸命1時間半かけて自転車をこいできた訳だ。

 なんとなく切なくなってしまうひなこ…。(私は姉バカな為年下の男の子に弱い)

 なんとなく見守ってあげたくなったので、通常男子高校生と同じママチャリなんぞに乗っていたら絶対にできない事なのですが(体力ないしね)つかず離れずの距離を保ちつつ3m後方を追走し、見守ってさしあげました。

 しかし、さすが現役高校生。
 
 基礎体力が違うようです。

 1時間半も走ってきた癖にときどき立ちこぎなんかして加速を狙ってくるんですよ!

 私も、バイク手に入れてからは自転車なんかめったに乗らない為、ちょっと頑張ってこごうものなら心臓爆発しそうになるしまつ…。

 しかし、自転車の速度切り替え『速い』に変えて重いペダルをがんがんこぐ。

 普通に鼻で息してちゃあ血中酸素が減る一方なので口全開でぜえぜえ息しながら必死こいてついていく。

『負っけるもんかあっ!!』 ←負けず嫌いなひなこ、途中で目的が変わってる模様。

 2人の分かれ道が来るまでひなこ頑張り通しました。

 なんでそんなに急いでるのか分からないのですが、男子高校生は立ちこぎ頻度を増やして何度となく私の体力に挑戦してくるのです。 

 しかし、ひなこはやりとおしました!

ひ「勝った…勝ったよ姉さん!!ぜえぜえはあはあ」

 帰宅後さっそく両親に戦勝(?)報告。

「…その子よっぽど恐かったんだよ…」

…え?


↓いつも応援していただき、ありがとうございますv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 入院日記

ひなこ血液型が変わる。 

2012/09/25 Tue.

5年前に子宮筋腫で入院する前のこと、ひなこは個人的に大変ショックな事実が判明してしまい、その日1日ひとり大騒ぎしておりました。

『今年は身体のメンテナンスの年なのよ! 』


と単なる厄年なのを前向きに解釈し、以前から気になっていた不具合を治そうと一大決心をし、今年2度目の手術をすることになりました。

医者『お腹切るけどいい?』

『切らずにできるようなら是非切らずにお願いします!!』 ←自己主張をする時は大きな声で!

医者『いやそんな…無理だから…!!』

 …という訳で切腹することになりました。輸血をしながらの手術になるということで、血液検査をしたところ…

医者『梅毒も、C型、B型肝炎もなし!O型RH+で間違いないね?』

   ↑あってたまるか!!

『えっ!?O型?A型じゃないんですか!?』

医者『検査の結果はO型で出てるよ?違うの?』

ひ『高校と短大で2回血液型判定したのですが、2回ともA型RH+の判定だったので、A型だと思ってたんですが…O型?』

 私は短大の時血液型判定の結果を見せてもらった記憶があり、その時青色試薬がきちんとまざらず変な分離をしたのに対し、黄色試薬がオレンジになったのを確認している。だから間違いなく短大時分のひなこの血液型はA型だと確信しているのだ。

医者『うちの検査に間違いはないはずだから、前の検査が妖しいんじゃないの?目の前で検査し直してもいいよ。間違ってると大変だから。』

 しっかり目の前で腕から採血し、その血で検査をしてもらいました。

検『これがA型の血液、これがO型の血液、こちらがあなたの血液です。入れて混ぜてみますね。』

 どうしたことでしょう!?以前は分離した青色試薬が紫に変色したのです。

検『A型の人は青色試薬に反応します。B型の人は黄色の試薬に反応します。AB型の人は両方に反応します。O型はどちらにも反応せずきれいに混ざります。ひなこさんの血は反応のないO型と同じなのでO型ということになります。』



ひ『血液型が変わるってことあるんですか?』

医者『子供は変わることがあるけど、大人はあり得ないよ。』

『あり得ないなら説明がつかないですよ!!(医者が現実から目をそらしたらあかんがな!!)』    

…という次第でひなこの血液は短大卒業後~現時点までの間のどこかでAからOへとありえない変化を遂げたという事実が発覚しました。


 こうなると27にして自分の血液型がO型だったと知らされた(それまでずっとA型と信じていた)兄自身の血液も同じように変化した可能性が発生し、高校時分にA型判定をうけている弟の血液型も現在疑わしくなってきた。

 A型人生が長いひなこ。

 性格だって昔は疑いようのないA型気質でした。

 ここ数年O型に間違われる事なきにしもあらずだったのは周囲にO型人口の占める割合が増え、影響されたものと信じて疑わなかったのですが。

 色んな魅力のあるO型は憧れの血液型には違いなかったが、素直に喜べないのはSさんの存在。(SさんもO型)

S『やっぱりね!血液型占いなんてアテにならないってことがよく分ったでしょ!!』

 血液型占いや統計が大好きな私とは逆に、Sさんは『あんなものは嘘だ!』と公言してはばからない間違いようのない片付けできない派のO型です。(O型は2通りのタイプに別れる。片付けできない派とマイルールにこだわりを持つ片付けできる派だ。共通の特徴は『己が常識』『己が普通』という認識をもとにものごとを判断するところだろう。総じて頑固で説教が好きだ。)

 Sさんのサイトを先日のぞきに行くと『全財産30円でひもじい』と書いていたので驚いて電話すると、 『今日の夕食はうまか棒』とか言ってる計画性のなさだ!!

ひ『連休東京行くんでしょ!大丈夫なの?』

S『私きっと東京行ったら死ぬんじゃないかと思う。』

ひ『何でまた…?』

『数子に今月死にます言われてる。』

『血液型占いは信じないのに細●数子は信じるのかい!!』


 本当にO型に変わってしまったのなら…そのうち私もこういうノリになるのかと思うと恐くて仕方がない…。



↓いつも応援していただき、ありがとうございますv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 未分類

気をつけないと彼女のパパに呪詛をかけられるでしょう。 

2012/09/25 Tue.

ある日の梅田駅空港行きバスターミナル

 梅田駅バスターミナルで別れを惜しむカップルが一組。

彼氏「来月また来る。」

彼女「うん。待ってる。気をつけてね。」

 2人はどうやら遠距離恋愛をしている模様。

彼氏「貯金が貯まった。車を買うつもりだ。車を手に入れたら、もっと頻繁に会いに来れる。」

彼女「ホント!?…でも心配だな。もし●●が事故なんかしたら私…。」

 ひしっと彼女を抱き締める彼氏。そっと彼氏の背中に手をまわす彼女。

彼氏「大丈夫だ。俺はお前をおいて死んだりしない。」

彼女「うん…。うん●●。私お守り作るよ!●●が事故しないようにって!」

彼氏「…○○?」

彼女「そうだ私なんかよりお父さんに作ってもらった方が利き目がある かも!頼んでみるよ。本職だしさ。」
 
 どうやら彼女の家は神社で父親は神主をしているらしい。

彼氏「それは…。」

 笑みがひきつる彼氏。

彼女「あっ!でもお父さんに作らせると逆に呪詛をかけられるかも…。やっぱり私が作るよ。裁縫あんま得意じゃないけど、心をこめてつくるからきっと御利益あるよ!」

彼氏「愛してる○○。一時もそれから目を離さずに頼む。」

彼女「うん。私も愛してるから」



 人目もはばからず熱いちゅーをかわす2人。



 実話です。(情報源S)



 世の愛娘をもつ神主の父親なら一瞬は考えるだろう策略かもしれんです。

 しかし、そんな父親の行いなどすっかりお見通しな愛娘がひなこ的にツボでした。



↓いつも応援していただき、ありがとうございますv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ


edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

ひなこ和歌山の高校から宿泊申し込みをされる(うちはホテルではない)。 

2012/09/24 Mon.

 今から13年前の12月のできごとです。

 その日、仕事から帰宅すると、めったに使用されることのない私個人のFAXに珍しくFAXが流れて来ていました。

 余談ですが、私が個人用のFAXを購入したのは昨年11月(今から14年前)の事です。

 通常の手紙を受け取るには普通紙の必要はまったくないけれど、コピー機変わりにしようという極めて単純かつ明確な目的の為には普通紙でなければならなかったので普通紙FAXが欲しかったのです。

 しかし、11月に新潟旅行をしている為先立つものがない。
 あれば便利だけれど家用に一台すでにFAXはあるのだから無理をしてまで購入する必要はないのですが。

 買いました。

 正確には買わされたのですに…。

 ひなこの兄は某車関係の営業マンです。自社製品だけ売ってればいいものを何故かFAXを売っていました。

 実はカレーも売っています。愛媛みかんや、シャンプー、リンス、携帯電話、はてはなまゴミを肥料に変える機械なんかも売っています。

 そしてノルマなんかもあるです。

 兄はその見てくれとは関係なく何故か営業成績がいいらしい。

 周囲4県の営業所内で上位5位のうちに入ったとかでよく旅行に連れて行ってもらったり、懸賞品を貰っているという。

 賢明なロムラーの方はすでに御承知のハズでしょう。

 ノルマがかかる度に被害にあっているのはひなこです!!(私にかぎらず身内は全員。)

 一番つらかったのはカレーかな?食べても食べても食べても減らないカレー…。しかもとても辛い!(←私はカレーは甘口でなければならない派)

 そういえば、周囲の友達が皆携帯を購入したにも関わらず断固として携帯をこばんできた私がついにその意に反して携帯を持つハメになったのもこの兄のノルマのせいでした。

 その日ひなこはのんびり漫画を読んでいました。お風呂にも入りあとは寝るだけ。

 夜の9時。兄はいきなりやって来た。

 ひなこの部屋に入ってくるなり

「ハンコと通帳と免許証を出せ!」

 と脅迫。身内でなければ犯罪です。

 いやだいやだとあばれるひなこを他所に勝手知ったる妹の部屋から通帳とハンコを発掘し、契約書を仕上げていったのでした。

 私は機種すら選ばせてもらえなかったのです。

 何故なら古い機種を売ると兄には報奨金が入るから…。

 翌日が締めの日。携帯販売ノルマまであと2台となった兄は一台を義姉(嫁)に購入させ最後の一台を妹の私に売り付けたのでした。

 先日機種を新しいの変えて欲しい(あればあったでひなこは使う)と電話すると…

「近くのAUショップへ行って機種変えて下さいと言って金を払えばすぐだ。」
と言われました。

ひ「売るだけ売っといてアフターサービスはしてくれんのかい!?」

兄「営業とはそうしたもんや。」

 ●●●さん営業マンの教育しっかりしとかんと今は良くてもそのうち傾きまっせ!



 私が普通紙FAXをほしがってると母から聞いた兄は売れ残りのFAXを私のもとへ持ち込んだのです。

ひ「お金ないって!!」

兄「立て替えてやるから来月払え。」



 支払い月。ひなこは気管支炎で会社を2週間休み給料カット。ボーナスは5千円しか出ませんでした。

(取らぬたぬきの皮算用。しかししたくてしたわけではありません。ひなこは思う。カードで買い物する時も自分の現預金額を上回る買い物は絶対しないと!)



 話がそれにそれてしまったけれど本題。

 FAXの送信元は「和歌山県立○○高等学校」さん。
 内容は12月25.26.27日の宿泊予約人数の変更とお弁当の申し込み。

 うちは自営業だがホテルではない。

 先生間違えてますがなFAX番号。
 しかも書類にしっかりホテルのFAX番号載ってるやないの。うちの番号とは似ても似つかんのが!! 

これがテレビショッピングの申し込みFAXとかならまるめてゴミ箱行きだけれど、予約の変更、しかも宿にご飯となると無視もできない。

 このFAXが届いてなかったが為に、宿に泊れず野宿をし、お弁当も食べれず試合にでなければならなくなるいたいけな高校球児(野球部かどうかは分からないけど)がでてしまうです。


 ひなこは電話でホテルに連絡を取り、FAXを転送してさしあげました。

 兄から購入したFAXは親切にも画面に料金が表示されます。

 親切に、かかった費用37円。(紙代込み)
 
 ………なんか府に落ちません……。


↓いつも応援していただき、ありがとうございますv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: オカルト

不思議な話 (のんのんばあ)その2 

2012/09/24 Mon.

ひ『家の裏の公園で放置されてる祠は元は何だったの?』

 我が家の裏手に市営の緑地公園がありまして、昔は他所様のお墓でした。
 お墓の隅の方に祠があります。


父『お父さんが小さい時お墓の側に小さい道があってその道沿いに大きな何だったかなあ…木があって、その根元にあの祠があったよ。それを墓の持ち主が切ってしもうて… 』

ひ『はあ!?祠が作られてる木を切った!?普通はようせんでぇ…何でまた…』

父『それから異変が始まったのよ。ここらあたりどこっちゃあに赤ん坊はおらんのに毎晩その切り株から赤子の泣き声がする。お父さんも小さい時に聞いたで。泣き声がしだしたらばあちゃんとじいちゃんが仏壇に向かって拝みきりよった。そら恐かったで。』

 『墓の隣に家があってそこにおばちゃんが1人で住みよってね。そこへ夜訴えて来たと。』

ひ『誰が?』

父『そのお化けがよ。おじいさんの姿をして白い着物をきとったと。そんでおばちゃんに木を切った墓の持ち主んとこへ伝えて欲しいって頼みに来たと。』

ひ『何て?』

父『そこまで知らんけど、持ち主のおっさんしか知らんことも言い当てられたいうてびっくりしとったわ。おばちゃんはそういうモノをよう見る人やったき、ちっとも怖がらん。「毎晩来られて眠れんがあ」って言いよったで。おっさんに話しに行って怪異は治まったけんど。』

ひ『おかしいやん。そしたらその墓の持ち主あの祠を祀らなイカンのと違うん?土地売ったらもう知りませんってのん?』


父『死んでおらんなったんやないかなあ。』

↓いつも応援していただき、ありがとうございますv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: オカルト

不思議な話 (のんのんばあ) 

2012/09/24 Mon.

父『狐の嫁入りって見たことあるかえ?』

ひ『ないよ。お父さん昔見たって言いよったね。』

父『●●おばさんと一緒に見たんよ。あそこの山(鷲尾山)が見えゆうろう?雨が降りよったろうか、山の中程を東から西へ1直線に火の玉が行列作って移動しゆうんを見た。普通山道を松明持って通るにしても真直ぐは無理やし木に邪魔されてここまで光は届かん。びっくりしたよ。そしたら●●おばさんが「ありゃあ狐の嫁入りや」って言いよった。』

ひ『へえ…』

父『●●おばさんは、よう、うちにも来よったけど、その頃飼いよったチビって犬が、うんと、このおばさんを嫌うてぎっちり噛み付きよったわ。賢い犬で、最初は知らんぷりして通り過ぎて後ろから足へがっちり噛み付くん。ほいたらおばさんが「はようその犬の毛を刈って味噌と一緒に持ってきとうせ!」言うて…』

ひ『味噌と犬の毛?何に使うん?』

父『混ぜて噛み付かれた傷に塗ると治ると』

ひ『味噌はなんとなく分かるけど犬の毛はあぶないんじゃない?ばい菌入るで?』

父『知らんけど治りよったで。まじないやっつろう。噛み付いた犬の毛じゃないといかん言うて…。』

ひ『そんでそのおばさんは今どうしゆうん?』

父『もう死んでおらんわえ。』



水木しげるの「のんのんばあ」みたい…。


↓いつも応援していただき、ありがとうございますv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

いや、それ無理だから! 

2012/09/23 Sun.

 それは6年前の8月のこと。


 ひなこは13日に東京から自宅に戻り、15日に母と名古屋の弟の元へ子守に旅立ちました。

 8月中にひなこは東京と大阪のイベントに参加することが決まっていましたので弟からの要請に

ひ「貧乏だから行けない。」

と断っていたのですが、

弟「往復飛行機代を出すからおいでよ~」

と申年生まれの弟にしては珍しく太っ腹を見せてくれたので航空券をとりました。

「飛行機代教えて~端まからん?」  

 やはり申年…金勘定は細かいぞ!(昔本代に小遣いのすべてをつぎ込んでいたひなこは小金持ちの弟から借金をしたことがあるのですが、大変温厚な弟はとても気軽に貸してくれはしますが取立ては柔和にしつこかったことを覚えています。
 小遣い日まで毎日

弟「お姉ちゃん僕の○○円は?」

と付きまわって催促されてました…。決して怒り口調ではなく小首をかしげながらかわいらしく催促されるのですが、とにかくしつこかった…。

 借金の返済に対するプレッシャーに子供ながらに苦しめられた為、ひなこは借金だけはもうすまい…と硬く心に誓ったのでした。)

 名古屋に到着すると弟は

「お姉ちゃん僕んとこにに来たんじゃないよね?」

と暗に飛行機代分働くことを強要。ひなこはふだんやらないお料理、お掃除、お洗濯、皿洗い、子守(つまり家事一切ほとんど実家ではしていない←問題。でも掃除はしてる)を名古屋に居る間中することになりました。

 朝6時に起きてフローリングをクイックルワイパーで拭き掃除してから朝食。

  ひなこは主に甥ひなた1歳11ヶ月の遊び相手をしておりました。

ひ「なぜヒナタの妹なのにハナビじゃないの?」(先月ひなたに妹が生まれた為に名古屋に招かれたひなこと母)

弟「…ハナビはちょっと…パッと光って一瞬で消えるから危ない…」



 ひなたは人見知りが激しく、物忘れも激しい…。
 1日遊んであげてやっと慣れてくれたと思ったら、翌朝にはまた知らない人を見る目に戻っている…。ドアの影に隠れながらこちらをうかがっている。きっと名前のせいだろう…。

 子供用の室内ジャングルジムにケットをかけてひなた用のおうちを作ってあげる。(子供は狭いところが好きだ)
 テディとミッキーをひなたのお友達にしてお宅訪問ごっこ。
 中にいるひなたからは外が見えないので、どこから訪ねてくるのか分からない。

「トントン」と声のする入り口を中から探してお迎えに出るという遊び。

「トントン!トントン!ひなたくんひなたくんこの前貸した金500万円、耳そろえて返してよ!」

「その遊びやめー!!」  




 お子様用ゴムボールで遊ぶ。ひなたをおざぶの上に座らせ少し高さを作っておいて、ボールをワンバウンドさせてキャッチボールする遊び。まだ小さいので無理かなあと思いながらでしたが結構やれるお子様ひなた。
 お前の父ちゃんもボールを受けることだけは上手だったよ。打つことも投げることもいまいちだったからソフトは続かなかったが…。

「うまいぞひなた!顔面で受けても後ろにそらさないことが基本や!」

「うちのひなたの顔になんてことすんの!!」

 ひなたはバウンドするボールを顔から迎えにいくため、手よりも先に顔でボールを受けてしまうのだった。

「遊びを通じて世の中の厳しさやルールを教えることが大事なのよ。」

「言葉も片言な子供にいきなりハードル高すぎ!!」







 今ひなたは小学校2年生。

 口癖は「いや、それ無理だから!」

8歳で自分に限界を作るなああああっー!!結果はどうあれチャレンジした経験は無駄にはならんのじゃ!! 


↓いつも応援していただき、ありがとうございますv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

鬼い様 再び!! 

2012/09/23 Sun.

 法事で兄が帰って来た時の話です。

 普段無口で何を考えてるのか分からない兄ですが、酒が入るととたんに饒舌になりひなこに説教を始めます。
 
 ひなこ自身「口から先に生まれて来たんじゃないかと思うくらい口がたつ」と父に言われていますが、私は普通に理論的に話しているだけで、感情にまかせて適当なことを並べ立ててるうちに何を言ってるのか自分でも分からなくなって墓穴を掘る父が普通じゃないだけだと思います。

 何せ詐欺師に多いO型、普段しゃべらない分話しだしたらしつこいぞ!

兄「あんたが結婚できんのは、甘えることをせんからよ!わがまま言うたことないろ!」

ひ「そんな他人に迷惑かけるようなことできんわ!同性の前と異性の前でころころ態度変えるような女も好かんし!わがまま言うて人を振り回すことはようせん!」
(どちらかと言えばわがままを聞いて振り回されることが多い。)

「女のわがままをどれだけ聞けるかは男の器量!」

亀の鼻の穴ほどもない器量の持ち主が常時いてて、その人の我侭に振り回されて育ってるから私と母の器量デカさは里見光太郎並になってしもてるわ!

 と、言い返したいけれど、(これが父なら言い返してますが)素直に「はいはい」と返事しとくことにする。
 言質とったからにはこれから兄に対してひなこは我侭言いたい放題と言う訳です。





 後日、両親と兄を引き連れて東京へ行かねばなりませんでした。今年の三月のことです。

 私はこの上なく体調が優れず、本当なら旅行に出かけられる状態ではありませんでしたが、私が引率しないと、彼らは電車の乗り方さえ分からない人達なので強制連行されたようなものでした。

 帰りの電車の中で父にバッグを一つ持ってもらっていたのですが、それを見た兄が

「何甘えてるんじゃ!!自分の荷物くらい自分で持て!!」
 と怒り始めました。

 忘れていました…この人父親似なんですよ。

 ひなこが人に甘えられない性分に育ったのは、この二人の影響であると確信しています。


↓いつも応援していただき、ありがとうございますv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 未分類

待ち時間長すぎて病気になりそうです。 

2012/09/22 Sat.

 昨日医療センターへ診察を受けに行ったのですが、予約が11時からで、10時半には待合室に入ってて下さいと言われ待っておりましたところ、診察室に入れたのは13時でした。

 2時間半待って、15分診察受けて、10分検査して、待合で待たされて10分診察して…病院出たの夕方の4時でした。

 5時間半の滞在時間中、約4時間が待ち時間です。病院行って具合が悪くなりました。


 しかし、国立病院で昼12時半の予約で、診察室に入れたのは夜の7時40分だったという待ち時間最長記録を体験している為、まだ我慢ができましたが、それにしてもこの待ち時間の長さ…ちょっとどうかと思いませんか?

 自分がいつ呼ばれるか分からない為に、そこから離れる訳にはいかないのです。せめて何番目かくらい教えて頂きたい。民間の病院ではできてるサービスが何故できないのでしょう。

 待っている間に、予約なしで診察に来たご夫婦が

「いつまで待てばいいの!?こっちは具合が悪いから予約取る間もなく来てるのよ!!」

と、秘書さんにくってかかり、ゴネ得で割り込みました。

 奥さん、あなたの周囲にいる人達皆具合が悪いんですよ…。


↓いつも応援していただき、ありがとうございますv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

麻酔効く前にお腹切られ気絶 

2012/09/22 Sat.

 ひなこは三人兄妹のまん中で1つ上の兄と年の離れた弟がいるのですが、私が病気や怪我をした際、心配して看病してくれるのはいつも弟の方でした。
 
 背中をさすってくれたり、額の濡れタオルをかえてくれたり、漫画を買って来てくれたり(ひなこのお金で)ソフトを借りて来てくれたり(ひなこのお金で)、面倒見のいい(財布の紐の硬い)弟です。

 兄の記憶はほとんどない。(ひなこは中途半端に辛い過去はすぐに忘れてしまう性質です。)
 弟が中3の春盲腸になりました。

 その日私はTSUTAYAで新作ソフトをほんのちょっとの差で借り損ねすこぶる機嫌が悪かったのです。
 悔しがりながら部屋に帰ると、私の部屋で弟が転がっていました。

弟「う~んう~んお姉ちゃんなんかぽんぽんが痛いの」
 (この時弟は『赤僕』にハマっていた。)

ひ「それよりよっ今ものすごく私はくやしいのよ!!聞いて!!一瞬差で借り損ねたのよ!●●の新作!!」

弟「うんうんそれは悔しいね。う~んう~んマジ痛いよお姉ちゃん…。」

ひ「トイレ行ってくれば?」

弟「そうやね。そんな感じないけどそうかもしれんからちょっと行って来るね。」

 翌日リビングに降りて行くと弟の姿が見えない。

母「夕べ病院に連れていったのよ。盲腸だって。これから手術するからお母さん行ってくるから。」

ひ「えっ!?夕べ?ぜんぜん気が付かなかった!!


 後日私が付き添いに行くと弟は私の仕打ちをまったく恨みもせずに素直に喜んでくれました。(涙)

「麻酔が効いてないのに腹切られたんで!!死ぬ程痛かったんよ!!」

ひ「痛いって言わんかったの?」

「麻酔の注射してくれた人がしばらくたって足つねってきたんよ。『痛い?』って聞くから『痛いです』って言うたのにその人医者にむかって『大丈夫です』って言うから!!」

弟「僕痛みで気絶したん初めてや!」

母「医者が言うには手術中にチアノーゼおこして意識なくなった からあわてて全身麻酔に切りかえたんだって。」


 こ…恐っ!!


 あれから15年経ちますが、ひなこにはまだ盲腸がくついています。

 医者には『次痛くなったら切らないといけない』と言われているのだけれど、弟の話を聞いてしまうとそれが恐くて仕方がありません。

 家族の中で盲腸をまだ切っていないのは兄と私とカメ2匹だけです。いつまたあの痛みに襲われるかとびくびくしているよりはあの時切っておいたほうが良かったのかも思わないでもないです。

 しかし、酷い姉ですね…弟の身体より●●の新作?よっぽどおつむがイっていた時期ですねえ。

 「過去の入院日記」よりこちらの話の方が古いです。ひなこは10年以上日記をつけていましたので、読み返すと自分でも忘れているような出来事がたくさん出てきて驚きます。



↓いつも応援していただき、ありがとうございますv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

信心深さに殺されかけました。 

2012/09/22 Sat.

 小学校を卒業した春、ひなこは弟と泊まりがけで遊びに行った母方の祖母の家で虫垂炎をおこしました。
 学校が長期休みになる度祖母の家にはよくお泊まりに行ったのですが、決まってお腹の調子が悪くなるのです。

 夏休みに下痢、冬休みで嘔吐下痢症、春休みはついに虫垂炎。いったい何がいけないのか…?

 最初私は盲腸だとは全く思っていませんでした。
 じんわりじんわりお腹が痛みを訴えだした時は、またお腹をこわしたのかな?程度にしか思っていなかったのです。
 弟が買って来てくれた(ひなこのお金で)おやつの紅茶のチョコレートとさきイカを食べながら『コボちゃん』を読んでいました。(食べあわせに問題が!?)

 ところが痛みはしだいに強くなり、腹を抱えてうなりながら転げ回り、はばかりと寝間を行ったり来たり。弟が心配して背中を摩ってくれるのですが、今度は吐き気がしてくるしまつ。
 祖母もあわてて薬を飲ませてくれるのですが、この薬がくせものでした。
 最初は正露丸、次に胃薬、アロエ(←このへんからあやしくなる。)、生米「神様に祀ってあったので効くハズ!!」と言い切る祖母。)、きわめつけのお札 「このお札を丸めて飲めばたちどころに悪いところがよくなるから!!」

 お願いおばあちゃん病院へつれて行って…。

 大変有り難い神社から頂いたというお札でなにやら呪文を唱えながら私のお腹を摩る祖母。

「お姉ちゃん大丈夫?大丈夫?」
と言って頭や手や背中やらを撫でてくれる弟。


 大丈夫なんかじゃないから医者呼んでお願いっ!! 

この頃になると吐くものがなくなったひなこ、胃液もないから苦い膵液までケロケロしだす。

 夜中の0時過ぎ、やっと神様はアテにならないと気がついた祖母は、家族三人で安眠していたお隣のおじさんを叩き起こし、車を出させ病院へ。

医者「虫垂炎ですが、点滴でだいぶ落ち着いたので薬でちらすことができます。手術の必要はないでしょう。明日詳しい検査をしますのでまた来て下さい。食事はおかゆくらいにしておいてください。」

 早朝、親戚のおじさんにつれられ弟は実家に帰宅。祖母は仕事に出掛け、私はじくじく痛むお腹を「コボちゃん」で紛らわしながらごろごろしていると、仕事を昼で早退した母が車でやって来てくれました。

母「お腹空いてるでしょ。お昼買って来たから。」

 母は『ひなこが病気になると急に食べたくなる普段は好きではないバッテラ『いちごのショートケーキ』『鳥の唐揚げ』を持って来てくれました。

 私の母は看護婦です。今朝祖母からひなこが盲腸であることは当然聞いているハズです。

ひ「お医者さんにおかゆしか食べられんて言われたんやけど大丈夫なん?」

母「大丈夫大丈夫切った訳じゃないから!」

 案の定食後にお腹が悲鳴を上げ、再び病院へ行くハメに…。

医者「そんなもん食べたらいかんでしょう!2~3日はおかゆかおじやにしときなさい。油物はダメですよ。」


 神を信じきっている祖母、己を信じて疑わない母、どちらもいざっとなったら以外の何モノにもなりませんでした!



↓いつも応援していただき、ありがとうございますv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: 同人体験談

何故オフ(オフセット印刷)にしない!? 

2012/09/21 Fri.

 ひなこが紙屋さんに勤めていた9年前のことです。

 その日、残業当番だったひなこは閉店時間に合わせて後片付けをしておりました。
 
 あと5分で閉店という時にコピーをしたいというお客様がやって来ました。イヤンな予感がしておりました…。


 閉店時間を過ぎて、店のシャッターを下ろしても帰るような気配はない…。

 社長のお孫様がお相手をされてたので様子を見に行くと、原稿を広げて二人が立ちつくしておりました。

お孫様『ひなこさん。両面カラーコピーをしたいそうなのですが、原稿のサイズが表と裏で違うのでうまくいかないんです。』

 見ると表紙はカラー原稿でB5が2枚、その裏になるという原稿は同人原稿用紙のA4サイズ白黒。

ひ『これは、両面カラーでする必要はないんじゃないでしょうか?裏面の原稿は白黒原稿のようですが、カラーでなさりたいのですか?』

お客様『いえ別に白黒でかまいません。私よく分からなくて…。』

 ひなことってもとってもイヤンな予感。これはもしやSさん2号(大阪インテ前日にコピー原稿しかも表紙要位置合わせな上面付もしていないシロモノを持ち込み、あまつさえ時間がないと言って仕事中の私にその全てをまかせてとんずらしたひなこの小学校からのツレ)なのでは!?

 閉店時間を過ぎている為、社長がイラだっていらっしゃる。このお嬢さんにまかせておいたら、おそらくコピーは深夜になっても終わるまい…。

ひ『おかまいなければお手伝いさせて頂きますが?』

 お手伝いどころか、きっと全てを己がしないといけなくなるだろう…。

Sさん2号(以下2と表記)『お願いします!』

ひ『今現在成功している分はありますか?』

ひ『いえ、一枚も…うまくいかなくて』

ひ『では最初からいたしましょう。表紙はカラーで表紙裏はモノクロでなさりたいんですよね?面付はして来られてますか?』

2『いいえ…面付って何ですか?』

ひ『そうですか…製本は中綴じでなさいます?』(説明する時間はないので自分で確認、実行)

 ゆっくり手取り足取り教えて差し上げる時間は社長の顔色から察するに皆無。

 結局ひなこは本日1時間半の残業予定のはずが2時間半残業するハメに…。

 やってもやっても終わらない気がして…

ひ『すいません、総頁数は何頁なのでしょうか?』

 コピーなんだからせいぜい28ページ位だろうと思っていたら

40頁です。』

 何故オフにしないっ!?(オフ=この場合印刷屋さんにまかせること)


 私が同人を始めた頃は、オフセット本は大変高価でした。
 しかも、当時は「採算度外視!私は作りたいように作るのよ!」という職人気質の作家さんが多く、化粧箱入り、表紙はカラーは5色分解のカバー、箔押し、遊び紙に特殊紙+多色刷り印刷有り、本文当然紙替、色刷り、と凝りまくり。
 中にはオルゴール付きだったり、ハードカバーの本文フルカラーの絵本のようなものまで。お金に糸目をつけないお姫様方がいっぱい…。

 貧乏学生には到底まねのできないことです。

 しかし、その分コピー本では、手作りだからこその工夫を凝らしました。
 和ジャンル本では麻紐を使って綴本にしたり、ピンキング鋏を使ったり、表紙の紙2色ずらして作ったり、シールやはんこを使ったり。
 ただ、製本時間を予定に入れておかないと、当日会場製本するハメになり、せっかくのイベントを楽しみ損ないます。

 今は小部数でも安価に早く刷れるようにオンデマンド印刷(版を作らないデジタル印刷)なんてのも出てきて、凝ったコピー本を目にすることが少なくなりました。

 ひなこ自身は3回ほどしか作ったことがないのですが、目の前で本が出来上がっていくのは大変でしたけど楽しかったです。
 イベント当日きちんと想像したとおりに出来上がった本がスペース内に確認するまでは、心配で睡眠不足の日々を送るのに比べるとずっと気が楽です。 


↓いつも応援していただき、ありがとうございますv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

なんでごめんなさいが言えないの?親の顔が見たいから墓からばあちゃん起こして来て! 

2012/09/20 Thu.

 元気にお勤めしていた頃のお話です。

 朝出勤する為にバイクのエンジンをかけようとしたところ、何故かいつもはずしてある鍵がささっていて、しかONになっていました…。

 前日は台風で私はバイクを使っていません。どうやら犯人は父親であることが判明。

 当然バッテリーがあがってエンジンはかからない。キックでもかからない。

 私は携帯で会社に電話で『すいませんバイクが壊れましたので少し遅れます。』と連絡し母親の自転車を命一杯こぐはめに…。
(MY自転車はバイク買ってしばらく乗らなかったら母親に不燃物に出されてしまいました。)

 その日ひなこが残業して帰宅するなり

「キックでエンジンはかかるのにあんたはどんくさいがよえ!!」
と、私がまだ何も言ってないのにいきなり逆ギレしてやがりました。

ブツン (ひなこのこよりでできてる堪忍袋の緒が軽くキレた音)

「かかっとったら自転車でなんか行ってないっての!!素直に謝れば許してあげるのに逆ギレしてごまかそうというその根性が気にいらん!!だいだい鍵をONにしとったらバッテリーあがることは分かりきってることでしょ!?ってか私のバイクに何故触る!?」

「もうええっ今日のことは済んだことやから何も言わん!ええから今すぐバッテリー充電して元通りに治して来て!!会社遅刻したら給料から引かれるから今日一日私はタダ働きみたいなもんや!!なくてもさえ出してくれたら文句はないからね!!」

父「お母さんお母さん何とか言うてっ」

「お母さんは助けてくれん!!自分でしたことや!自分で責任とらんと親のしめしってもんがつかんやろう!!」

「なんでなんでよってたかってお父さんいじめて!!」


「なんで素直にごめんなさいが言えんの?親の顔が見たいから墓からばあちゃん起こして来て!!」

 大変大人気ないと分かっていても、ひなこはこの父親相手にするとどうにも押さえがきかなくなってしまいます(汗)。

 母親が友達のバイク屋さんに連絡して明日中には充電してもらえることになりました。



ひ「なんで充電器家にあるのに人に頼むのよ?」

父「バイクはどこから充電するのか分からんもん。」

ひ「おじさんに訊けばいいんじゃない?」

父「前のバイクの時聞いてやってバッテリーパンクさせてしもうたやん。車と勝手が違うからようせん。」

 そういえば前乗ってたバイクのバッテリーも父親に壊されたんだったわ!


↓いつも応援していただき、ありがとうございますv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 未分類

トド食うマンボウ航海記 

2012/09/20 Thu.

 ひなこは記憶力は悪くはないハズですが、名称の覚え間違いや芸能人の名前を覚えるのが苦手であります。
 映画を見てストーリーや役どころはしっかり覚えているのに役者の名前を覚えられません。

 感動したり面白かったドラマや映画を友人のSに説明するのに

ひ「昔の西遊記でカッパの役してた人のお兄さんと食パンのCMに出てた大河ドラマの新選組の脚本書いた人の奥さんと山本太郎(←Sの心のラバーなのでなんとか覚えた)が出てるのよ。」

S「…いや…うん分かるけどね…岸部一徳と小林聡美ね。あなたと話してると常に頭を働かせられるよ。そこまで分かるのに何故名前が出ん?」

 たいていこんな感じでSの知識に頼って話が進みます…。

「釣りバカ日誌のスーさん役のおじいさんの息子」

「北条時宗で時宗の兄の役してたひとの元奥さん」

分かってくれる人相手でないと会話が進みません…(涙)

 以前の職場で『船酔い』の話になりました。

ひ「中学校の夏休みの読書感想文を書くのに『トド食うマンボー航海記』っていうの読んでね」

I「ドクトルマンボーやないのそれ?私読んではないけどそのタイトルは知ってるよ。」

ひ「ひえ!!ドクトルだっけ?」

I「もしかして今までずっとトド食うだと思い込んでたの?」

ひ「うん…」

I「なんでトド食う? 」

「ひなこさん時々おかしいよね。今だに私、藤原達也を藤井隆と勘違いしてたの忘れられないよ。」


以下過去の記憶

S「藤原竜也が主人公でね…」

ひ「ああ、あの股間がホットホットとか言うてた人

S「それは藤井隆!!藤しかおうてないやん!!」


 単に芸能オンチだけが理由ではない気がします。


母「さなこがまだはいはいしてるころアパートの階段2階から落ちて頭コブだらけになったことがあったけど、その時はお医者さん異常ないって言うてたもん。」

ひ「8才の時に脳波異常で2年間薬づけになったやん…後遺症ちゃうん?」

父「お母さんお父さんに怒られるのがいやで脳波異常言われるまでその事故のこと黙ってたんで!!」

母「でも漫画やアニメや小説のキャラクターの名前は言えるやん。単に興味がないからおぼえないのよ。」



 興味…確かにあんまりないかなあ


↓いつも応援していただき、ありがとうございますv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 未分類

好きなだけ突き刺せえっ! 

2012/09/19 Wed.

 以前入院する前の検査があって病院に行ってたんですが、採血の時隣で採血されてるじいさんの様子がおかしかったんです。

 看護婦さんが2人がかりで採血しようとしてるんですが…

看護婦A『ちゃんと血管出して下さいよ!』

じいさん『大事なモンじゃけえそうそう出せるかよっ大事に奥にしまっとるんじゃ!

看護婦B『なんぼ叩いても出て来んが!どれ程大事か知らんが隠せるもんなら出し入れも自由やろう!さっさと出してくれんと後がつかえとるが!』

看護婦A『もうっ一か八かこの辺ぶっさして探してみようか?』

じいさん好きなだけ突き射せえっ!そのうちどれかにヒットするやろう!』

看護婦A『こりゃ堅い!針が折れるが!』

看護婦B『血が返って来たよ入ったんじゃない?』

じいさん『そう簡単に入れたらんでえっ!』 

 おおよそ医療機関で聞いていいような会話ではない気がする…。

 根性座っとるじいさんだが、看護婦さんも負けて無い。

 結局私の採血が済んで、耳朶からの出血が止まる時間を測定し終わってもまだじいさんの血管はねばっとりました。


↓いつも応援していただき、ありがとうございますv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: オカルト

まもかあが怖い!! 

2012/09/19 Wed.

まだ我が家がちょっとだけお化け屋敷だった頃のことです。

 夜中に寒くなって扇風機をとめに起きた父は、リビングに赤い球のようなものが浮遊しているのを目撃。

『誰じゃあ!!』と勇気を出して威嚇すると、今度は止めた扇風機が赤い球のようなものに包まれ始め、父は恐くてなって見なかったことにし、爆睡している母にしがみついて寝たそうな。

「家鳴りとはあきらかに違うピシっとかパシンとかっカキンって音がして恐いよ~!!」
(父 身長173cm 体重83㎏ 特徴太鼓腹 顔鬼瓦 性格喧嘩腰の王様)

 などと毎朝訴えてくるので困っていました。(父は夜トイレに行く時、道中全ての明かりをつけてまわる習慣があり、全く節電もできません。)

まもかあ(おばけ)が出たらどうするが!?」 



無視するしかないじゃん…。




(その後我が家はもっとお化け屋敷になり、霊媒師探しが始まった訳で…)


↓いつも応援していただき、ありがとうございますv

おもしろ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 家族ネタ

戦国武将 占い機 

2012/09/18 Tue.

 何年か前に、某大河ドラマの展示会に父と二人で出かけたときのこと。(ひなこと父は歴史ドラマ、特に戦国時代が好き)

 『あなたはどのタイプ?』という質問形式の占い機がおいてあり、武将もしくは奥方を選択するのですが…私は『淀君』タイプでした…。強くて逞しいが頑固で妥協しない我が道を行くタイプなのだそうな。淀君って最期は自刃で果ててたよね…。

『結婚は一生のうち1度でイイ?』という質問に考えこんでいると隣から父が

「何故迷う!すぐにはいを押さんかよ。」

「いや…気に入らんなったらさっさと別れて何度でも行けばイイやんとも思うし…」

「あんたは結婚したらイカン!」


 結婚自体不可能だと思います。



『同時に複数の異性と付き合える?』
という質問で父が考え込んでいました。

「お父さんはいやろ!迷うことない。」過去の浮気は周知の事実。

「お父さんはいいえです!」いまだに否認中。

『理論で考えることが得意?』

「はい!」即答。

いいえやろう!その時の感情でもの言うからころころ変わるやん!」

父は偽りを並べて無理矢理『織田信長タイプ』へ成り上がりました…。

信長も最期は裏切りにあって自刃するのよね…。

親子そろって戦国時代を生き残ることは不可能のようです。


↓いつも応援していただき、ありがとうございますv

にほんブログ村

おもしろ日記 ブログランキングへ

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: ご挨拶

ご挨拶 

2012/09/18 Tue.

 ご訪問いただきありがとうございます!

 ブログを立ち上げて今日でちょうど10日目になります。

 昔同人のホームページを立ち上げた時も同じ心境になって危険だと感じていましたが、どんな方がどのくらい見にきてくれて、面白いと思ってくれているのか、不快な思いをさせていないか四六時中気になってびくびくしているという…。

 HPではカウンターをつけていましたので、来訪者数がすぐ分かってしまう為、気持ちの浮きしずみがカウンターと連動してしまっていました。

 精神衛生上よくないと思い、ブログにはカウンターを設置していません。

 しかしながら、ブログランキングに登録してリンクしないと知らない人は誰も見にこれないよ。とブログ作りの参考にさせていただいたサイトで教えていただき、紹介されていたランキングサイトに登録させていただきましたが…。

 数字じゃなくて順位が出るじゃありませんか!!あっ!だから「ランキング」なのね…。(今まで同人界という一種の異次元にいた為、色々と疎くなってる自分に危機感を覚えています)

 同人HPでは他サイトと自サイトが比較されて順位を出されるということはなかったのです。そんなことされてたら、同人界は嫉妬うずまく伏魔殿!生霊背負うだけじゃすまないですよ!

 今度はランキングに一喜一憂させられるハメに…。

 身体壊して漫画も描けずお外にもなかなか出られないので、今度は文章を書いて人を楽しませたいとブログを始めたのですけど。
 
 どの世界もストレスフリーという訳にはいかないですもんね。

 でも、読んでいただいた方に「おもしろかった!」と言ってもらえることが一番うれしいです。

 体調しだいの更新で、いつまで続けられるか分からないブログですが、宜しくお願いいたします。

 日々のご訪問を一番の励みにさせていただきますね。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

2012-09