うちに「まもかあ」がいるんですけど? 

 強面で喧嘩腰だけど、お化けが怖くて涙もろい父。身体は小さいが心は逞しく、常にいきすぎた断舎利を貫く母。身の回りのことは何一つできない二匹の銭亀。そして元同人女の私。そんな家族の騒々しい日常+α。

Category: 亀の知恵袋

うちのノビタと対戦させてみたい!! 

2014/11/24 Mon.

スポンサーサイト

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 亀の知恵袋

グレるノビタ。 

2014/08/29 Fri.

昨日の朝、ひなこの父は怒り狂っていた。

クサガメのノビタとスネオの2匹の甲羅に、ピンク色のペイントマーカーでハートのマークを落描きしていたところ、二匹から同時におしっこをひっかけられたのだそうだ。

穿いてたズボンのちょうどのあたりに…。

父「許さん!お父さんがお漏らししたみたいやんか!!」

ひ「二匹ともどれだけお父さんのことが好きなんやろうな。マーキングvマーキングv愛情表現やから許したりv。」

(よっぽど描かれるの嫌やったんやなあ、ノビ、スネかわいそうに…)

父「今日は二匹とも飯抜きじゃ!!」

父にとってはこれ以上ない罰なのだろう。(亀は1週間食べなくても平気)

その日の午後、甲羅に入れ墨(落描き)され、グレたらしいノビタがもう何度目かになる脱走を成功させたのだが、そのじっとしていられない性分から足音で気づかれ、父に捕獲された。しかし、未だに脱走経路が判明していない為、庭を散歩する時は見張りが欠かせないでいる。

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 亀の知恵袋

ノビちゃんの愛? その2 

2014/08/25 Mon.

父にしか懐いてなかったノビタ(クサガメ)が、私にも遊んでくれと寄って来るようになったv
身体の上によじ登ってきたり、鼻先を押し付けてきたり、わざと両足を踏みつけていったり…手の上に乗っかってきてはジッと私の目を見る。
なにか訴えてきてるのかもしれない。

と、見つめ返しているとプイッと下りてってしまった…そして私の手には小さな水たまりが!!

マーキングですか?
嫌がらせですか?

亀のおしっこ…結構匂います。

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 亀の知恵袋

ノビちゃんの愛 

2014/06/28 Sat.

                         


 亀のノビタは何故か父のことが大好きで、父が寝てるとこうやってくっついていきます。

 そして鼻先をぴとっとくっつけてじっとしています。

 時々爪を曲げて父の喉元をひっかかないようにゆっくり撫でています。

 同じ亀のスネオにはひどい仕打ちを繰り返しているノビタですが、こういう姿を見るとちゃんと愛情が分かるんだなあとうれしくなります。


 私と母は寝てると踏んで乗り越えていかれます。


edit

CM: 6
TB: 0

page top

Category: 亀の知恵袋

近頃の二匹 

2014/01/30 Thu.

 別居し始めてから、二匹が顔を合わせるのは水槽のお掃除中待機所として使われる洗面所になりますが…。


                   sinjirarehen



 微妙な距離を保っています。


                   nobitasinkaite

 ノビもスネも母に甲羅をゴシゴシしてもらうのが好きらしく、洗面所をのぞくと顔をあげて誰がのぞいているのかチェック。母じゃないと分かるとそっぽ向きます。『なんや、お母ちゃんとちゃうやん。おひぃさんに用はない。』と言わんばかりです。



                   suneo

 スネはすっかり顔も甲羅も黒くなり、目も黒目がちに、目の周りがメガネかけているように白いのですが、別に栄養失調ではありません。首の黄色い柄もちょっとになりました。


                   nobitautau

 独りきりの大きな水槽は、ノビには広々として快適だと思うのですが、後姿がどこか寂しそうです。



                   nobitaarasu


 日光浴兼お散歩でノビタとスネを自室で遊ばせると、ガッサゴッソ、ゴンゴン、ボタ、カンカラカンカン!と派手に棚の中身をすべて掻き出してくれます。ノビが!

 叱るとこういう顔で見上げて来るのですよ!

 「いえいえ、お好きになさって下さい…」

 と、言うしかありません。

 新しく買った中古のパソコンには動画編集ソフトも入っているらしい…そのうち二匹の面白画像がアップできるかもしれません。








edit

CM: 4
TB: 0

page top

2017-06